2018年4月17日 (火)

キヤノン機でライブビュー撮影時にストロボが光らない?

お久しぶりになってしまいました。最近はイベントも増えブログ更新も滞ってしまい…。

今日はイベント時にたまにあったトラブルで、原因を実は知らないという人が多いという案件をご紹介します。それは…

「キヤノンのカメラで、ライブビュー撮影でストロボを使うと発光しない」

という現象。けっこう心当たりある人いるのではないでしょうか?
そこで原因と解決方法をご紹介したいと思います!

Img_7668 ブツ撮りではライブビューが便利なのでよく使いますね。三脚に据えて集合写真を撮る時にもライブビュー撮影は便利です。

Img_7671 画面拡大してピントチェックもできるので、失敗が減ります。
(この写真では露出設定がとんちんかんになっていますが)

Img_7672 動かないものが対象なので、TTLができない組み合わせでマニュアル調光なんてのも珍しくありません。
今回はキヤノンEOS 80Dにニコン用のi60Aで撮影をしました。

そしてそのまま撮ると…

Img_9030 おっと、ストロボが発光しません。

実はキヤノン製カメラに限っては、標準設定のままだと「TTL通信ができないストロボを使うと、ライブビュー撮影時にストロボが光らない」ようになっているのです。
今回のようにニコン用ストロボを使ったり、スタジオ用の大型ストロボを使ったりした場合でも同じなのです。(シンクロ端子のあるカメラの場合、シンクロ信号が出ません)

じゃあどうすれば良いのか?!実はここで設定ができます。

Img_7673 撮影メニューの中にある「LVソフト撮影」の項目。ここがポイントなのです!
(旧機種では「LV静音撮影」の表記になっています)

Img_7675 項目を開くと「モード1」「モード2」「しない」と3つ選択肢があります。
ここを「しない」に設定することで、TTL通信ができないストロボでも発光するようになるのです!

Img_7676 「しない」に設定しました。

Img_9036 きちんと発光して、美しい写真が撮れました!!


この「LVソフト撮影」の件ですが、ホームページ上や説明書にも記載があるのですが、意外と見ていない方が多く、またライブビューで発光しなくとも元のファインダー撮影モードに戻せばそのまま撮影できてしまうため「あれは何だったのだろうか?」というままにしている方が多いようです。

ただし、このメニューはEOS Kissシリーズ・8000D・9000Dにはありません。これらのカメラを使ってライブビューでストロボを使うには、必ずTTL通信ができるストロボを使う必要がある、ということになります。

お手持ちのカメラでも、ぜひ一度この項目を確認されてみてはいかがでしょうか。

(S)

2017年9月 5日 (火)

【セミナーレポート】初級/中級 ストロボ講座@名古屋 屋外ライティング撮影編

お久しぶりのセミナーレポートです!
今回は2017年6月10日(土)開催【初級/中級】ストロボ講座@名古屋 屋外ライティング編 のレポートです。

屋外ライティング講座は名古屋では初開催。屋内実習も有りの盛りだくさん講座でした。
  

20049353_1384056471682197_1728585_2  

初めは座学からスタートです。
中級講座ということで、多灯ライティングの方法やミックス光源下での露出の設定方法など、初級講座より一歩進んだ内容を学んでいきます。講師は初級ストロボ講座ではお馴染みのえはらあい先生。
  

170610_02  

座学が終了した後は屋内実習開始です。教室内にセッティングした背景布セットの前で、モデルさんと撮影実習を行っていきます。
  

_8ai1786 
モデルは中野麗来さん。先生が実際にその場でライティングを組み、撮影結果を見せながら解説をしていきます。
参加者さんの実習時間もありますので、実際にモデルさんとライティング撮影が体験できます。先生が撮影をサポートしてくれますので初めての方でも安心です。

屋内実習の後はいよいよ屋外実習です。「久屋大通庭園フラリエ」に移動します。
 

19988935_1384056491682195_410262898 
初めはオンカメラでの日中シンクロ実習から。露出の設定方法や、自然に仕上がるコツなど学んでいきます。
 

_8ai1828 
当日は晴れたり曇ったりのお天気で、露出が変わりやすい状況。
環境に合わせ臨機応変に設定を変更しなければいけないのが、日中屋外撮影の難しいところです。
   

_8ai1830 
お次はオフカメラでのライティングです。撮影場所の選び方、構図についても教わることができるのが屋外撮影のいいところ。
受講者様にはオフカメラ2灯ライティングをご体験いただきました。
   

_8ai1876 
最後はカラーフィルターを使用し、クールなイメージで撮影をしました。
ライティング次第で様々なイメージを作ることができるのがストロボ撮影の面白い点です。
    

■受講者様の作品
 
Dsc05038_s_2

 

Img_9760_s_2

 

Dscf2115_s_2

  

ニッシンジャパンのストロボ講座は日本各地で開催中です!
詳しくは講座・イベント情報ページをご覧くださいませ。
http://www.nissin-japan.com/workshop.html

(A) 

2017年8月28日 (月)

スーパーライトスタンド「LS-50C」もうすぐです!

PHOTONEXT 2017にて参考展示し、大変反響をいただきまして製品化が決定しました、ニッシン初のストロボ用品…ライトスタンド、それが今回ブログで初登場になる「LS-50C」です。


スーパーライトスタンド「LS-50C」の特徴は…

・たった575gの超軽量設計
・ライトスタンド初のカーボンパイプ使用
・リング回転方式のロック機構で出っ張りのないスリムなスタイル
・折り畳みサイズ48.5cmの超コンパクト設計
・にもかかわらず伸長195cmを確保
・脚の角度調整可能(3本のうち1本)
・パワーパック等を固定できるベルクロ式の固定ベルトが付属する予定

またブルーのカラーリングが印象的でもあります!

※今回写真に登場する製品は試作品です。製品版とは細部の仕様が異なります。

1dx_6113 こちらが「LS-50C」です。脚の部分とリングの青色(ライトブルー)がアクセントです。

1dx_6115 1本の脚には角度調整機構がつきます。(量産品では調整機構の範囲が写真と変更されます)

1dx_6117 パイプのロックは、三脚などでおなじみのリング回転式です。パイプが中で回転しないような構造になっているので、調整も簡単にできます。
先端はオスダボ(16mm)仕様になっています。オスダボのくびれ部分はスリムに仕上げますので、小径タイプのダボにしか取付できなかったアクセサリーにも対応します。
ダボ自体は太ねじ仕様ですが、細ねじ変換アダプターも付属する予定です。

1dx_6119 最大まで伸ばすと195cm。2m近くの高さがあるのでほとんどの撮影に対応できます。耐荷重は1.5kgまでですので、クリップオンストロボ用に設計されたアクセサリーはほとんど問題なく使えるかと思います。
(後ろに置いたのは比較用のハスキー3段三脚です)

1dx_6121 縮めれば48.5cm、この長さまで小さくなります!
航空機の機内持ち込みも余裕ですね。(手前は40cm定規)

1dx_6179

重量も500mlペットボトル飲料+α程度なので、数本持ち運んでも負担になりません!
おそらく現状で市販ライトスタンド最軽量…カーボン+アルミの恩恵ですね。


いかがでしたでしょうか?

機材の軽量化は進んでも、ライトスタンドの軽量化はあまり進んでいないジャンルです。そして、ただ軽く小さいだけでなく実用的な強度と高さを兼ね備えた、そんな製品を目指して現在最終調整を行っております。

発売は2017年9月、価格は13,500円(税抜)を予定しております。ご期待くださいませ!!

フォトアルバム

アクセスランキング

ブログ内検索

他のアカウント

Twitter