2018年5月10日 (木)

Air10s・Air1・AirRの電池の入れ方おさらい

お久しぶりでございます。たまの更新でも反応があると嬉しいものですね。

さて今日はNASコマンダーの電池の入れ方についてのおさらいです。
えっ?なぜ今更??と思ったあなたは、使い方を熟知している方かもしれません。本当は説明書にぜんぶ書いてあるのですが…急いていると慌ててしまったり、慣れていない方もいるかと思いますので、改めてここでおさらいしたいと思います。

01 Air10s・Air1・AirRはすべて「単4型電池2本」で動作します。

02 電池の挿入方向は、電池室の中にシールが貼ってある…のですがやや見づらいでしょうか。

03 正面位置から見た場合、奥側はプラス・手間側はマイナスが左側(フタ側)になります。

04 2本とも同じ方向に挿入しても動きません。

05 当然、逆向きでも同じです。2本同じ方向ではありません!

06 きちんと互い違いに入れましょう。

慌てていると、電池が間違った方向に挿入されていたり、同じ方向に2本入っていたりすることが「結構な頻度で」あります。慌てずに、まず一度電池の挿入方向を確認してみてください。


それからもう1つ。

時折お問い合わせいただくのが「Airの電池蓋が取れちゃった!故障した!修理いくらですか?」というもの。
これ実は、フタだけ取り外しすることが可能なのです。したがってフタが取れてしまっただけでしたら、丁寧にはめ込めば元通りになるのです。

07 「あー!フタがとれたー!」と慌てずに。

08 部品が割れていなければ、はめ込むだけで戻ります!

09 実はこの電池蓋、Air10s・Air1・AirRの3機種で共通部品となっているんですよ。

もし破損や紛失をしてしまっても、ニッシンデジタル・ダイレクト本店でフタのみの販売もしております(1個500円)ので、ぜひそちらもご活用くださいませ。

(S)

2018年4月17日 (火)

キヤノン機でライブビュー撮影時にストロボが光らない?

お久しぶりになってしまいました。最近はイベントも増えブログ更新も滞ってしまい…。

今日はイベント時にたまにあったトラブルで、原因を実は知らないという人が多いという案件をご紹介します。それは…

「キヤノンのカメラで、ライブビュー撮影でストロボを使うと発光しない」

という現象。けっこう心当たりある人いるのではないでしょうか?
そこで原因と解決方法をご紹介したいと思います!

Img_7668 ブツ撮りではライブビューが便利なのでよく使いますね。三脚に据えて集合写真を撮る時にもライブビュー撮影は便利です。

Img_7671 画面拡大してピントチェックもできるので、失敗が減ります。
(この写真では露出設定がとんちんかんになっていますが)

Img_7672 動かないものが対象なので、TTLができない組み合わせでマニュアル調光なんてのも珍しくありません。
今回はキヤノンEOS 80Dにニコン用のi60Aで撮影をしました。

そしてそのまま撮ると…

Img_9030 おっと、ストロボが発光しません。

実はキヤノン製カメラに限っては、標準設定のままだと「TTL通信ができないストロボを使うと、ライブビュー撮影時にストロボが光らない」ようになっているのです。
今回のようにニコン用ストロボを使ったり、スタジオ用の大型ストロボを使ったりした場合でも同じなのです。(シンクロ端子のあるカメラの場合、シンクロ信号が出ません)

じゃあどうすれば良いのか?!実はここで設定ができます。

Img_7673 撮影メニューの中にある「LVソフト撮影」の項目。ここがポイントなのです!
(旧機種では「LV静音撮影」の表記になっています)

Img_7675 項目を開くと「モード1」「モード2」「しない」と3つ選択肢があります。
ここを「しない」に設定することで、TTL通信ができないストロボでも発光するようになるのです!

Img_7676 「しない」に設定しました。

Img_9036 きちんと発光して、美しい写真が撮れました!!


この「LVソフト撮影」の件ですが、ホームページ上や説明書にも記載があるのですが、意外と見ていない方が多く、またライブビューで発光しなくとも元のファインダー撮影モードに戻せばそのまま撮影できてしまうため「あれは何だったのだろうか?」というままにしている方が多いようです。

ただし、このメニューはEOS Kissシリーズ・8000D・9000Dにはありません。これらのカメラを使ってライブビューでストロボを使うには、必ずTTL通信ができるストロボを使う必要がある、ということになります。

お手持ちのカメラでも、ぜひ一度この項目を確認されてみてはいかがでしょうか。

(S)

2017年9月 5日 (火)

【セミナーレポート】初級/中級 ストロボ講座@名古屋 屋外ライティング撮影編

お久しぶりのセミナーレポートです!
今回は2017年6月10日(土)開催【初級/中級】ストロボ講座@名古屋 屋外ライティング編 のレポートです。

屋外ライティング講座は名古屋では初開催。屋内実習も有りの盛りだくさん講座でした。
  

20049353_1384056471682197_1728585_2  

初めは座学からスタートです。
中級講座ということで、多灯ライティングの方法やミックス光源下での露出の設定方法など、初級講座より一歩進んだ内容を学んでいきます。講師は初級ストロボ講座ではお馴染みのえはらあい先生。
  

170610_02  

座学が終了した後は屋内実習開始です。教室内にセッティングした背景布セットの前で、モデルさんと撮影実習を行っていきます。
  

_8ai1786 
モデルは中野麗来さん。先生が実際にその場でライティングを組み、撮影結果を見せながら解説をしていきます。
参加者さんの実習時間もありますので、実際にモデルさんとライティング撮影が体験できます。先生が撮影をサポートしてくれますので初めての方でも安心です。

屋内実習の後はいよいよ屋外実習です。「久屋大通庭園フラリエ」に移動します。
 

19988935_1384056491682195_410262898 
初めはオンカメラでの日中シンクロ実習から。露出の設定方法や、自然に仕上がるコツなど学んでいきます。
 

_8ai1828 
当日は晴れたり曇ったりのお天気で、露出が変わりやすい状況。
環境に合わせ臨機応変に設定を変更しなければいけないのが、日中屋外撮影の難しいところです。
   

_8ai1830 
お次はオフカメラでのライティングです。撮影場所の選び方、構図についても教わることができるのが屋外撮影のいいところ。
受講者様にはオフカメラ2灯ライティングをご体験いただきました。
   

_8ai1876 
最後はカラーフィルターを使用し、クールなイメージで撮影をしました。
ライティング次第で様々なイメージを作ることができるのがストロボ撮影の面白い点です。
    

■受講者様の作品
 
Dsc05038_s_2

 

Img_9760_s_2

 

Dscf2115_s_2

  

ニッシンジャパンのストロボ講座は日本各地で開催中です!
詳しくは講座・イベント情報ページをご覧くださいませ。
http://www.nissin-japan.com/workshop.html

(A) 

フォトアルバム

アクセスランキング

ブログ内検索

他のアカウント

Twitter