« 2013年2月 | メイン | 2013年4月 »

2013年3月28日 (木)

意外と知らない?ニッシンストロボのリセット方法

弊社のMG8000・Di866 MARK2・Di866・MF18にはカラー液晶の操作パネルが備わっています。
直観的な操作ができるのが特徴なのですが、使用中にバッテリー切れになったりすると、ごく稀に誤動作を起こしてしまうことがあります。

具体的には「オートズームが動作しない」「調光補正が動かない」「メニューの一部が文字化け?している」などの症状が起こることがあります。ストロボ内に高度なOSが載っているためなのですが、このままでは正常に使用できませんので一度「リセット」をする必要があります。

_mg_0888
(1)メニュー画面から「Setting」を選択します

_mg_0889
(2)Settingメニュー状態で下キーを押し続け、2ページ目の中の「Reset」項目にカーソルを合わせる

_mg_0890
(3)右矢印キーを押して「Set to confirm」の表示が出たら、十字キー中央のSetボタンの押す

これでリセットが行われます。あっというまに終了してSettingの画面に戻りますので、お好みの調光メニューに戻って再度撮影をしてみてください。

なお、リセットしますとマイTTLや各撮影メニューの設定項目は初期状態に戻りますのでご注意ください。

カラー液晶を搭載したニッシンストロボの場合は、この作業をすることでトラブルの8割ほどは解消しますので、まずトラブルか?と感じた場合はぜひお試しください。


2014年2月更新

新たなファームウェアより、MG8000・MF18で簡単にリセットが可能になっております。

【MG8000の場合】
電源を入れ、十字キー中央のSetボタンを押し続け(Advanceメニューの表示が出てもそのまま)、5秒ほどキープするとモード選択メニュー画面に戻りリセットされます

【MF18の場合】
電源を入れ、十字キー中央のSetボタンを押し続け(モデリングLEDが点灯してもそのまま)、10秒ほどキープするとフルオートモード(緑色のAの表示)に戻りリセットされます

【Di700の場合】
電源を入れ、セレクターダイヤル中央のSetボタンを約5秒間押し続けると、フルオートモード(緑色のAのランプ)が点灯しリセットされます

※写真のMG8000は試作機です。製品版とは若干仕様が異なります

2013年3月27日 (水)

PORTAFLEX SNSが入荷しました!

お待たせしました!
オーロラライトバンクジャパン製の便利なスヌート「PORTAFLEX SNS」が弊社ダイレクトショップに入荷致しました!

Dsc_0799

滑り止めシリコンラバーの貼られたベルクロと、マジックテープで装着できるスヌート本体で構成されています。
最初にベルクロをストロボの発光部に巻き付け、そのあと本体を装着するだけの簡単設計。布製なので使わないときはコンパクトに収納できます。

補助光として被写体の後方斜めから狭い範囲に投光することで、エッジを際立たせたり。人物の場合は髪型に輝きを加えたりするときに活躍します。
もちろん、狭いエリアだけに光を当てることによる独創的な表現も可能ですね。

弊社スタジオでも備品として活躍していますよ。(↓写真参照)
Dsc_0801

お値段も1,980円ととってもお買い得なので、表現の幅を広げる素敵なアイテムとして試してみてはいかがでしょうか?

ニッシンデジタル・ダイレクト本店にて好評販売中です!!

2013年3月25日 (月)

サブ発光部のこと

弊社のストロボの上位機種には「サブ発光部」がついています。
まあ、多くの方が知っているかもしれませんが、念のためご説明です!

場所はここです。
Di866mkii_r

ちょうどこの「Nissinロゴ」の上の白い部分にサブ発光部が仕込んであります!
まあ、見ればわかるかもしれませんが…。

サブ発光部はTTLモード・AVモード・Mモードで使用可能です。それぞれのモードで使用中に、SETボタンを長押しして出てくるメニューに従って設定するだけ!
現行モデルであるMG8000・Di866 MARK2では、ガイドナンバー12なので、カメラの内蔵ストロボと同じくらいの光量は持っているのです。
それだけではなく、ちゃんと1/128までマニュアル制御が可能になっていますから、明るすぎるなんてことも防げますね。

メイン発光部をバウンス撮影用に天井へ向けたとき、このサブ発光部をオンにすることで瞳の中にキャッチライトを入れることができますし、なおかつ余計な影を消してくれる効果もあります!

今まであまり使用していなかった方も、今度ぜひサブ発光部を使ってみてはいかがでしょうか?

2013年3月21日 (木)

桜とストロボ、どうやって撮影しよう・・・

せっかくストロボの会社で、せっかく桜の花か咲き始めるこの時期。
毎年思いつつも実行できないままのこと、それが「ストロボを効果的に使った桜の写真」を撮影すること。

そもそも咲く時期のとても短い桜で、なおかつストロボを生かした撮影をやっている方って案外少ないのです。
だからこそチャレンジして「こんな撮り方いかがですか?」とご紹介したいのですが、現実は難しいようです。

何かいい情報・方法をご存知の方、ぜひTwitter・Facebookにて弊社アカウントまで(こっそり)教えていただきたいです・・・。

2013年3月18日 (月)

今日は片づけ日…。

先週土曜日に開催された「ニッシンデジタル・ワークショップ」第1回、盛況のうちに終了致しました。

本当はもっと多くの方にご参加いただきたかったのですが、少人数であるが故にゆとりある時間で学習ができたのではないかと思います。

同時に開催したストロボ・アクセサリの販売の方でも、ついさっきワークショップで登場したものがそこで買えるというポイントもあり、多くの方にお求めいただいたことは本当にありがたいと感じております。(正直あの価格は赤字なのですが…)

そんなわけで本日は片づけ日。
電池の充電・デモ機の収納・スタジオの復帰・掃除…など、結構しっかり時間がかかりますが、地道にやっております。

今回は都合で参加できなかった方も、様子見だった方も、また近いうちに第2回目が開催できればと思っていますので、ぜひご期待下さいませ!!
(S)

フォトアルバム

アクセスランキング

ブログ内検索

他のアカウント

Twitter