« パワーパックケーブル(キヤノン用)はなぜちょっと固い? | メイン | パワーパックの電池が充電できない? »

2013年4月19日 (金)

プリ発光?いやカメラの設定です。

弊社のDi866シリーズや、リングフラッシュMF18で、しかもニコン製カメラでご利用の方で比較的よくあるお問い合わせ。

「ストロボで撮影するときのプリ発光を止める方法を教えてほしい」

今のデジタルカメラでは、撮影する際に「シャッターボタンを押した瞬間にプリ発光をして光量を測定し、瞬時に計算してすぐ本発光(撮影)をする」というステップを一瞬のうちに行っています。

ところがその説明をすると「いや違うんだ。撮影前にパパパパパッと何回か光ってしまってすぐ撮れないんだよ。」と。
実はそれ、ストロボのプリ発光ではなく”赤目軽減機能”の動作です。

ニッシン製・純正問わず、ストロボ側には赤目軽減モードなどの設定は一切ありませんので、カメラ側で赤目軽減がオンになっている場合のみ発生します。

0003

写真はD300の例ですが、赤矢印部に「目のマーク」が点いているのが分かりますでしょうか?
これが点いていると、赤目軽減のためにシャッターボタンを押した後に数回小光量で発光してから撮影となるため、すぐにシャッターが切れなくなります。

そもそも赤目(ストロボを焚いて撮影したときに人物の目が赤く映ってしまう)が起こるのは、ストロボの強い光が人間の目の中の網膜(血管が多い)まで届くために、それの反射によって目の中が赤く見えてしまうというのが理由です。
これを防ぐため、赤目軽減がオンになっていると、予め何度か強い光を出すことで人間の目の瞳孔を閉じさせて、結果目が赤く映りにくくするという仕組みになっています。

カメラで赤目軽減をオフにすれば全く問題なく撮影できますので、一度確認してみてくださいませ。

ちなみに、赤目軽減のオンオフの方法は機種によって異なりますので、カメラの取扱説明書をお読みいただくか、カメラメーカーのサポートへ聞いていただきますようお願いいたします。

フォトアルバム

アクセスランキング

ブログ内検索

他のアカウント

Twitter