« ストロボ照射角のはなし | メイン | 30万発以上を耐えたマシンガンストロボ »

2013年11月19日 (火)

リングライトの話

みなさま、急ですが、

「デジタルマクロライト」というストロボはご存知でしょうか?

「マクロリングライト」とも言います。

この記事を書いている者の印象だと、

名前だけ知ってはいるが実際は見たことがないのでわからない。

という方が多いと思います。

という訳で、

本日は弊社で発売している「MF18」デジタルマクロのご紹介をさせて頂きます。

こんな形してます。

発光部分がリングです。(当たり前ですが)

Dsc_0097_2

他のストロボと一番違う点は

「影が出にくいこと」です!

とりあえず実際に撮った物と比べてみましょう。

同じ条件で撮影しています。

まずMG8000を直に炊いたもの

Dsc_0077_2

次、MF18で撮影したもの

Dsc_0079_2

わかりますでしょうか??

後者の方が光がただストロボを焚いたような感じではなく、

全体に光がまわり柔らかいイメージになっています。

商品等を撮るのに一つ持っていても損はないと思います。

また、製品名に「マクロ」と入っているので、マクロ撮影専用と思われがちですが、

リングライトをポートレートにも使われる方もいらっしゃいます。

MF18でのポートレート撮影に関しては

魚住氏が動画にて紹介されているので、

こちらもご覧くださいませ。

http://www.nissin-japan.com/seminar.html#uo1

フォトアルバム

アクセスランキング

ブログ内検索

他のアカウント

Twitter