« 2014年9月 | メイン | 2014年12月 »

2014年10月24日 (金)

【セミナーレポート】ストロボワークショップ10/13

10月13日(月・祝)、ニッシンジャパン内スタジオにてストロボワークショップを開催しました。講師には、EOS学園の講師もつとめられ、愛ある厳しさが人気の山田愼ニ先生と、わかりやすく丁寧な解説に定評のある職人プロカメラマン吉澤士郎先生をお迎えしました。

今回は、基礎から中級まで、さまざまな内容の講座をご用意いたしました。

吉澤先生のクラスでは、屋外日中シンクロ実習も行いました。当日は生憎の台風で天気が悪く、ビルの前で少しだけ、しかできませんでしたが…。

Dsc02065

外での撮影もたまにはいいですよね。i40で日中シンクロ!小さくても、屋外で十分使えます。

Dsc02067

また、吉澤先生の「ライティングアクセサリー講座」では、話題のCactusに加え、ディフューザー、軽量スタンド、アンブレラホールダーなど、厳選されたお薦めライティングアクセサリーをご紹介。効果の違いや使い方のコツなどを解説していただきました。普段、なかなか比較することができないものばかりで、皆さま興味津々のご様子でした。

Dsc02160

最後は、吉澤先生の現像テクニックまでご披露いただいちゃいました。ラッキー!

Dsc02173

10620123_718820568195567_4293893136

撮影:吉澤士郎先生



山田先生のクラスでは、受講生の方々にテザーで撮影をしていただきました。人に見られながらの撮影は適度な緊張感があり、また勉強になって良いですね!

Dsc02112

山田先生の講座では、まず、直射・レフバウンス・カポック当て等々で光の質がどう変わってくるかをしっかりと学びます。

Dsc02105

それをふまえた上で、受講者の方々にお好きなライティングを組んでもらいます。修正すべき点があれば先生から指摘が入ります。「ライティングは自分で考えてこそ身に付く」というのが山田先生のモットーです。

Dsc02135



以上、セミナーレポートでした。
ニッシンのストロボワークショップは月に1回開催しております。入門〜中級と幅広い内容になっているので、ご自身のレベルに合わせた講座を受講していただける点が好評です。今後はさらにバラエティに富んだ講座を企画していきますので、みなさま奮ってご参加ください!



受講生の方の作品

Dsc_8920r1

撮影:藤本さん

Dsc_8967r1

撮影:藤本さん

Dsc_9025r1

撮影:藤本さん

Img_1456

撮影:虎穴さん

Img_1469

撮影:虎穴さん


モデル:
アリス・アンダーソンさん
小林真綾(まりん)さん

2014年10月22日 (水)

オススメクリップオンストロボ用アクセサリー

今オススメのクリップオンストロボ用アクセサリーの一覧です。

スタンド・マンフロット ナノポールスタンド

マルチクランプ・マンフロット スナップティルトヘッド

アンブレラホルダー・SDホルダー

ラジオスレーブ・Cactus V6

ソフトボックス・SMDVディフューザー

ディフューザー・Rogue フラッシュベンダー

グリッド・Rogue グリッド

2014年10月15日 (水)

ハコスタジアム大阪でストロボ撮影!ハロウィン編

10月某日、ニッシンジャパンはコスプレアミューズメントスペース「HACOSTADIUM OSAKA」「HACOSTADIUM cosset 大阪日本橋店」さんに、お邪魔させていただきました!


今回は、様々なシチュエーションで撮影ができるハコスタジアムさんで、ニッシンストロボを使った撮影を実施!
撮影した写真と、その写真の撮影方法をシリーズで紹介していきたいと思います。


第一弾は「HACOSTADIUM OSAKA」さんの5F教会ブースに設置された【ハロウィン限定ブース】で撮影した写真をご紹介します!


▼写真はこちら!▼

Halloween01_3

モデル:いぶきさん


ハロウィンなので少しホラー風味にライティングしてみました。
壁に葉っぱの影が出てるのがホラーなポイントです!

ちなみに…こちらのセット、ライティングなしだとこんな感じです。
 
 

Img_5590_a


照明をオレンジのフィルムで覆っているため、オレンジ一色!

秋らしく可愛いセットになっています。
ライティングで色味や雰囲気を変えることもできますが、暖色系な雰囲気が素敵だと思ったので、ライティングも暖色系にしてみました。


▼撮影方法はこちら▼

Dsc01839_a_3

(画像クリックで大きく表示できます)

ストロボ4灯で撮影しています。

[撮影データ]
ISO 200
絞り F 4
シャッタースピード 1/160
(カメラ・レンズ等によって変わります。ご参考までに)


[ライティングデータ]
(1)Di700+ROGUE グリッド(45°)光量 1/32
(2)Di700 直射 光量 1/128

(1)はモデルさん上半身に向けてスポットライト的に、(2)はモデルさん足元と左右のカボチャに当ててます。
  

Dsc01836_b_2


ストロボの姿が見えない(3)、(4)について。
お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが…
i40をカボチャの後ろのスペースに仕込んであるのです!

Dsc01838_a_2


i40が小さいからこそできる技です。

(3)i40+ワイドパネル+赤のカラーフィルター 光量 1/4
(4)i40+ワイドパネル+オレンジのカラーフィルター 光量 1/16

どちらも後ろの壁に当たるように、上向きに発光させています。
後ろの壁に葉っぱの影が出ているのは、この二つのおかげなんです。
 

Dsc01840w_3
ラジオスレーブ使用。少し離れた位置から撮影しています。


(4)が(3)より少し光量が小さいのは何故かと言うと…
カボチャの上にかかっている蜘蛛の巣が激しく発光して、真っ白になったからです…。
カラーフィルターは色の濃さによって光量も変わってくるので、撮ってみて微調整しましょう!


今回撮影させていただいたのは、「HACOSTADIUM OSAKA」さんの【ハロウィン限定ブース】でした。
ハコスタジアムさんはコンセントを使用することができないので、ストロボ撮影ならクリップオンストロボがオススメです!小さいので持ち運びも便利です。
ちなみに、【ハロウィン限定ブース】11月3日(月・祝日)までだそうなので、ご利用はお早めに!
 
 
【お知らせ】

今回の撮影企画を「ハコスタジアム ライティング・バイブル」としてシリーズ更新することになりました!
今後の更新は「ハコスタジアム ライティング・バイブル」特設ページでご覧ください。

「ハコスタジアム ライティング・バイブル」特設ページ

  

   

(写真・文:えはらあい)

フォトアルバム

アクセスランキング

ブログ内検索

他のアカウント

Twitter