« 【セミナーレポート】ポートレートワークショップ写真家Shoichi ASAOKAの「光のポートレート」を学ぶ | メイン | オススメクリップオンストロボ用アクセサリー »

2014年10月15日 (水)

ハコスタジアム大阪でストロボ撮影!ハロウィン編

10月某日、ニッシンジャパンはコスプレアミューズメントスペース「HACOSTADIUM OSAKA」「HACOSTADIUM cosset 大阪日本橋店」さんに、お邪魔させていただきました!


今回は、様々なシチュエーションで撮影ができるハコスタジアムさんで、ニッシンストロボを使った撮影を実施!
撮影した写真と、その写真の撮影方法をシリーズで紹介していきたいと思います。


第一弾は「HACOSTADIUM OSAKA」さんの5F教会ブースに設置された【ハロウィン限定ブース】で撮影した写真をご紹介します!


▼写真はこちら!▼

Halloween01_3

モデル:いぶきさん


ハロウィンなので少しホラー風味にライティングしてみました。
壁に葉っぱの影が出てるのがホラーなポイントです!

ちなみに…こちらのセット、ライティングなしだとこんな感じです。
 
 

Img_5590_a


照明をオレンジのフィルムで覆っているため、オレンジ一色!

秋らしく可愛いセットになっています。
ライティングで色味や雰囲気を変えることもできますが、暖色系な雰囲気が素敵だと思ったので、ライティングも暖色系にしてみました。


▼撮影方法はこちら▼

Dsc01839_a_3

(画像クリックで大きく表示できます)

ストロボ4灯で撮影しています。

[撮影データ]
ISO 200
絞り F 4
シャッタースピード 1/160
(カメラ・レンズ等によって変わります。ご参考までに)


[ライティングデータ]
(1)Di700+ROGUE グリッド(45°)光量 1/32
(2)Di700 直射 光量 1/128

(1)はモデルさん上半身に向けてスポットライト的に、(2)はモデルさん足元と左右のカボチャに当ててます。
  

Dsc01836_b_2


ストロボの姿が見えない(3)、(4)について。
お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが…
i40をカボチャの後ろのスペースに仕込んであるのです!

Dsc01838_a_2


i40が小さいからこそできる技です。

(3)i40+ワイドパネル+赤のカラーフィルター 光量 1/4
(4)i40+ワイドパネル+オレンジのカラーフィルター 光量 1/16

どちらも後ろの壁に当たるように、上向きに発光させています。
後ろの壁に葉っぱの影が出ているのは、この二つのおかげなんです。
 

Dsc01840w_3
ラジオスレーブ使用。少し離れた位置から撮影しています。


(4)が(3)より少し光量が小さいのは何故かと言うと…
カボチャの上にかかっている蜘蛛の巣が激しく発光して、真っ白になったからです…。
カラーフィルターは色の濃さによって光量も変わってくるので、撮ってみて微調整しましょう!


今回撮影させていただいたのは、「HACOSTADIUM OSAKA」さんの【ハロウィン限定ブース】でした。
ハコスタジアムさんはコンセントを使用することができないので、ストロボ撮影ならクリップオンストロボがオススメです!小さいので持ち運びも便利です。
ちなみに、【ハロウィン限定ブース】11月3日(月・祝日)までだそうなので、ご利用はお早めに!
 
 
【お知らせ】

今回の撮影企画を「ハコスタジアム ライティング・バイブル」としてシリーズ更新することになりました!
今後の更新は「ハコスタジアム ライティング・バイブル」特設ページでご覧ください。

「ハコスタジアム ライティング・バイブル」特設ページ

  

   

(写真・文:えはらあい)

フォトアルバム

アクセスランキング

ブログ内検索

他のアカウント

Twitter