« 【セミナーレポート】写真家Shoichi ASAOKAの「光のポートレート」 を学ぶストロボライティング講座 第4回 お台場編 | メイン | 【セミナーレポート】写真家Shoichi ASAOKAの「光のポートレート」 を学ぶストロボライティング講座 第5回 しっとりうるおい中級編 »

2014年12月20日 (土)

【セミナーレポート】ポートレートワークショップ中級編 12/6開催(その2)

12月6日開催のニッシンデジタル・ワークショップ ストロボワークショップ中級編のもう半分、カフェスタジオでの様子をお届けします。

今回お借りしましたのは、高円寺北にある「Livingood」さんです。

Dsc03001

前半は吉澤士郎先生による講座です。
Cactus V6とROGUEフラッシュベンダー、ROGUEグリッド等を組み合わせ、オフカメラ2〜3灯での様々なライティングを試します。

Dsc03010

モデルは高宮葵さんです。

Dsc03016

背景に外光が入っている状況では、背景と屋内の人物の光量バランスをとるのがポイント。
今回は中級編ということで、先生のお手本の後は生徒さん自らがセッティングを組んでいき、先生がアドバイスをする形で講座は進んでいきました。外光とのバランスの取り方が少々難しく、悪戦苦闘されている参加者さんもチラホラ…。スタジオとはまた違ったコツが要ります。

撮影が終わったら、弊社セミナールームに戻って、講評とRAW現像→プリントを行います。

Dsc03027

吉澤先生は簡潔で的確なアドバイスでどんどん進めていきます。

Dsc03031

今回プリンタはCanon PIXUS PRO-100を使用しています。

 
 
後半は山田愼二先生がカフェスタジオを担当しました。

Dsc03038

山田先生クラスでは、山田先生が基本となるライティングを組み、生徒さんが調整を加えながら撮影していきます。ワークショップ常連の上級者さんは、自分の機材を使ってそれぞれご自身でライティングを組んで撮影していました。頼もしいです!

前半はいいお天気だったのですが、後半はあいにくの曇り空で室内にあまり外光が入ってこない状況に…。ということで、テラスに出て撮影することになりました。モデルさんの冬の装いも季節感があっていいですね。

Dsc03041

「山田愼二流ライティング」の特徴は「簡単に真似ができないところ」にあります。
でも決して生徒さんに分からないような難しいことをやっているわけではありません。ポイントを押さえれば何を重視してライティングを作っているのか、きっとわかるはずです。

Dsc03054

前半と同じく、Cactus V6とROGUEフラッシュベンダーにMG8000を組み合わせて使用しています。
あれ?このモデルはうちのスタッフ…?
ライティングテストでのモデルにかり出されたようです(笑)

Dsc03080

セミナールームに戻ってからは、前半と同じく講評・RAW現像・プリントまで行います。
現像での人肌の出し方など、長年ポートレート撮影をしてきた山田先生の納得のアドバイスに皆様興味津々です。

Dsc03092

キヤノンユーザーの方はDPPを、それ以外の方はPhotoshop CCを使ってプリントをします。

Dsc03099

生徒さんの写真を張り出し、最後は写真展みたいになっていました(笑)
トリミング有・無を2枚プリントして並べることにより、画の違いが比較できてとても分かりやすいですね。

 

ニッシンデジタル・ワークショップは、低価格で分かりやすい内容が好評を頂いております。
今回は中級編ですが、入門編・初級編もご用意しておりますので、初心者の方・ストロボを持っていない方でも気軽にご参加頂けます!

ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。

 

受講生の方の作品

1r2a2598撮影:虎穴さん

1r2a2594撮影:虎穴さん

 
モデル:高宮葵さん

フォトアルバム

アクセスランキング

ブログ内検索

他のアカウント

Twitter