« 【セミナーレポート】写真家Shoichi ASAOKAの「光のポートレート」 を学ぶストロボライティング講座 第5回 しっとりうるおい中級編 | メイン | i40に合う携帯型ディフューザー »

2014年12月26日 (金)

【acosta!】早朝貸切水族館撮影

12月23日(火・祝)、ニッシンジャパンは「acosta!」(撮影スタジオのハコスタとコスプレグッズのACOSが手がけるコスプレイベント)に出展いたしました。

「acosta!」では、早朝のサンシャインシティの水族館を貸し切り、撮影をすることができました。(早朝貸切水族館撮影のページはこちらです

一部のエリアを除いて「フラッシュ撮影可能」だったので、弊社のi40一灯でどのくらい撮れるのかを試しに、スタッフ3人で水族館へ突撃してまいりました!

以下、作例です。使用カメラはCANON EOS 5D Mark III、レンズはEF24-105mm F4L IS USMです。すべてi40(※ディフューザーなし・直射)一灯、オフカメラで撮影をしています。スタンドがなかったので、上司にi40を手で持ってもらいライティングをする戦法をとりました(鬼畜部下)。

5c1a2522

f4.5 1/125 ISO800 

水槽の前で。

背景が意外と明るいので、モデルさんに水槽の前へ立ってもらうと逆光のようになってしまい、(ストロボなしで撮影をすると)モデルさんの顔が暗くなります。そこで、モデルさんの前面を明るく起こすため、i40をモデルさんの右ナナメ上から照らしました。正面ではなくナナメ上からにしたのは、モデルさんに立体感を出すためです。正面からだとちょっと画がのっぺりします。

5c1a2544

f5.0 1/125 ISO800

こちらも水槽の前で。

モデルさんの全身を照らすため、i40の照射角はワイド側にしています。

水族館は水槽に面白い光が差し込んでいることが多いので、それを生かせるようなアングルで撮影をするのがポイントなのではないかと思いました。

5c1a2561

f5.6 1/125 ISO800

クラゲの水槽にて。

透明のガラスの筒の中にクラゲが漂っていました。ガラスの曲面の反射を生かそうと思い、水槽を挟んでモデルさんの反対側からi40で照らしました。

5c1a2574

f4.5 1/60 ISO800

思いっきり「ストロボを焚いています!」という感じが出るのが嫌だという方も多いですが、たまには、あえてそういった雰囲気にしても良いかと思います。

5c1a2598

f4.0 1/125 ISO800

こちらは、i40にSteel Greenのカラーフィルターを付けました。より水族館らしくなりました。

5c1a2620

f4.5 1/125 ISO800

クラゲが浮遊する水槽の前で。

漂うクラゲが青く美しかったので、広めに切り取りました。

5c1a2668

f5.0 1/125 ISO800

タコの水槽の前で。

タコがなぜか荒ぶっており、ニョロニョロと活発に動いていました。ハイスピードな生き物の動きを止めるためにもストロボは役立ちます。モデルさんがカッコイイポーズをとってくださったので、タコがそれに合った動きをするのを待って、切り取りました。

5c1a2715

f5.6 1/125 ISO800

タイトルは「タコ使いの少女」

i40一灯でもいろいろなことができます!
みなさまもよろしければぜひチャレンジしてみてください☆

モデル:えはらあい さん
撮影・文章:大村祐里子

フォトアルバム

アクセスランキング

ブログ内検索

他のアカウント

Twitter