« 【セミナーレポート】写真家Shoichi ASAOKAの「光のポートレート」 を学ぶストロボライティング講座 第7回 お台場編 | メイン | 【セミナーレポート】ストロボ講座(上級:山田愼ニ、中級:その江) »

2015年5月28日 (木)

色温度と演色性のはなし

最近はセミナーレポートばかりなので、たまには気分一新、今回はお役立ち情報をお届けしたいと思います。


【色温度】

デジタルカメラを使用していて、この言葉を全く知らない…という方はほとんどいないと思います。

ちょっと難しい話になりますが、物体は絶対零度(-273.15℃)以外のすべてから電磁波を放射しています。光も電磁波の仲間です。
全ての電磁波を吸収し全く反射しない・完全に真っ黒な物体が存在したとして、その物体の温度がどのくらいの時にどのくらいの波長の電磁波(可視光)が出るか…が色温度となります。

太陽はだいたい5,500~5,700Kくらいになります。これがいわゆる「(太陽基準での)真っ白」の状態です。
日陰に入れば青みが増え(=色温度が高くなる)、電球や炎の明かりでは赤みが増え(=色温度が低い)、太陽基準の時とは色が違ってきます。
これを合わせるために、カメラにはWB(ホワイトバランス)調整の項目があります。
カメラ内のWB数値は「どの色温度を(太陽光基準の)真っ白と同じとするか」という設定をする数値なので、カメラ内WB数値は高くすれば赤っぽい画となり・低くすれば青っぽい画になるのです。
感覚的に逆に感じてしまう方は多いようですね。



【演色性】
色温度(ホワイトバランス)とは別に、光源には「演色性(色再現性)」という要素もあるのはご存知でしょうか?

これは「太陽光を100として、どのくらい太陽光に近い正しい発色をするか」を数値としたもので、単位は「Ra(あーるえー)」で表します。

7d2_6700 これは通常のオフィスにある昼光色蛍光灯(Ra70)で、左側の18%グレーでWBを合わせて撮影したカット。

7d2_6705 こちらはニッシンi40(測定値Ra96.5)を天井バウンスで発光させ、同様にWBをとりストロボ撮影したカット。


カラーサンプルだけでなく、それを持っているモデルさんの肌色の違いに注目して下さい。
ストロボの方がより自然な赤みを持ったきれいな色なのに対し、蛍光灯では青緑がかった血色のよくない色になっています。

体育館の水銀灯照明が白いのに、いくら色温度を合わせてもきれいな色にならないのは、この「演色性」が良くないからなのです。
低価格の蛍光灯やLED照明はRaが低いものが多く、色温度を合わせても演色性が悪いと、せっかくライティングしてもきれいな色が出ません。

人工光の中ではストロボやHMI(ムービー撮影用の強力な照明)は、演色性が最も良い光源になります。
蛍光灯は「色評価用」というRa99相当のものも一部製品に存在します。LEDの場合はまだ発展途上ですが、演色性を良くすると発光効率が落ちる(=暗くなる)ことから難しく、現在ではRa90程度のものまで出てきてはいるので、これからに期待できる分野でしょう。

いずれにしても、それぞれ長所と短所がありますから、用途に応じて適切に機材を選択したいものですね。

(S)

フォトアルバム

アクセスランキング

ブログ内検索

他のアカウント

Twitter