« 【イベントレポート】ドールショウ44秋 浜松町FINAL | メイン | 【セミナーレポート】初級/中級 ドールライティング教室 @三岸アトリエ 10/10(土) »

2015年9月16日 (水)

Air Rの試作機、テスト中です!

発売以来、低価格ながら確実動作の電波式ワイヤレスTTLシステム搭載で好評を頂いております「Di700A」と専用コマンダー「Air1」。

そして次に登場する予定の製品は、既存のストロボに装着することでAir1からの操作を可能にするレシーバー「Air R」です!

近日発売予定…ということで皆様のお手元に届くまでまだ少し時間がかかりそうですが、試作機がオフィスに届いておりますので、ちょっとだけご紹介します!
(実はすでにいくつかのイベントでは展示していたりもしますが…)


※本製品は試作機ですので、製品版と仕様が異なる可能性がある事はご承知おき下さい。また発売日・価格等は現時点では未定です。


まずは外観から。

Img_6009_2

Img_6010

Img_6012

Img_6011
表面にはチャンネル選択ダイヤルと発光グループ設定ダイヤル、電源ボタンとLED表示部があるだけのとてもシンプルなもの。
電池はAir1と同じく単4が2本。側面後方にはシンクロ端子(PC端子)もついています。

いっぽう裏面には、通常のアクセサリーシューの他に三脚ネジ穴(UNC1/4)が埋め込まれ、折りたたみ式のミニスタンドまで内蔵しているというこだわり!
さまざまなセッティング方法にも対応できますね。


つぎは弊社i40を上に載せてみました。

Img_6023 おぉー、とってもコンパクト!

このままAir1とペアリングしてTTLモードで撮ってみます。

Img_6028

Img_6025 左奥のモデルさんはMG8000です。(今回はモデルなので光りません)
i40は当然きちんと連動して発光しています。(当たり前!)


ストロボ側は「TTLモード」に設定しておくだけ。あとの信号はAir1がカメラから飛ばして通信します。もちろん照射角ズームも調整可能!

・TTL、マニュアル、照射角ズーム調整が可能
・ハイスピードシンクロ(FP発光)や後幕シンクロも可能
・TTLモードおよびハイスピードシンクロをするためには、装着するストロボ、Air1・Air Rの対応メーカー、カメラメーカーは統一する必要がある(例:ニコンカメラに装着したニコン用Air1から、キヤノン用Air Rを装着したキヤノン用ストロボのTTL制御は不可)
・発売はまずキヤノン用から(ニコン用は後日)

確定の最終仕様ではありませんが、おおよそこのような形になる予定です。どうぞご期待下さいませ!!

フォトアルバム

アクセスランキング

ブログ内検索

他のアカウント

Twitter