« 2016年1月 | メイン | 2016年3月 »

2016年2月 5日 (金)

100万発以上を耐えたマシンガンストロボ

さかのぼること、2013年9月の記事。

30万発以上を耐えたマシンガンストロボ

同じ方からふたたびやってきた修理依頼。内容は「ヘッドのロックにガタが多くなってきたので調整して欲しい」というものでした。
シリアルナンバーを確認すると本当に初期のロットの製品。発光に関しての依頼ではない…ということは発光動作は正常?
購入から約3年、ほぼ毎日1,000ショットくらい・年40万ショットのペースで仕事で使われているそうで、年数と使い方を考えれば軽く100万ショットを超えているはず…!

Dsc_1342 印刷が消えるほど使い込まれてますね…。

Dsc_1340 キズも多いです。

Dsc_1350 フロントの印刷は完全に消えてます。いや消したのかもしれませんが、それにしても使い込まれている感がしっかり。
写真ですと案外きれいに写っているのですが、現物を見るとどれだけ使われていたか分かります。

そして肝心のヘッド部分は…!

Dsc_1350すごくきれいです…。


ここからは完全に興味本位ですが、弊社デモ機のMG8000のうち比較的使用年数の少ない個体と、発色や明るさがどう変わっているか比較してみました。

Dsc_1356 MG8000(弊社デモ機) D7100・プログラムAE・発光量1/8(マニュアル)・WB:プリセット

Dsc_1357 MG8000(修理ご依頼品) D7100・プログラムAE・発光量1/8(マニュアル)・WB:プリセット


最初に弊社デモ機で、グレーカード(銀一製)を使いWBプリセットで合わせたのち、三脚に固定してストロボだけ交換して撮影しました。

下の写真はさすがに色温度が若干落ちてきており、発光量も僅かながら落ちております…が、まだまだ実用範囲!これで約100万ショット発光してるんです。修理担当からも「そもそもこれだけ発光管が持つとは、普通じゃ考えられないよね…」と。
確かに、最上位機種のシャッターユニットの3倍も耐久性のあるストロボなんて、スタッフも驚きです。


そんなMG8000ですが、残念ながら生産完了してしまっているのは記憶に新しいところ。
しかし!今日発表の「PAV2016関西(3/21開催)」ではアウトレット品の販売も予定しておりますので、これが本当に最後のチャンスになりそうですから、ぜひとも皆様のご来場をお待ちしております!

【PAV(フォトアクセサリービレッジ) 特設ページ】
http://www.pav-jp.com/

(S)

2016年2月 2日 (火)

ホットシューの掃除、してますか?

ストロボが発光しない!というトラブルで以外に多いのが「ホットシュー端子の汚れ」だったりします。
日頃のメンテナンスでも意外と見落としがちなホットシューの端子の掃除方法、今日はニッシンお勧めのものをご紹介します!

【用意するもの】
・無水エタノール(なければ10倍に薄めた中性洗剤)
・キムワイプ(なければティッシュペーパー)
・赤ちゃん用綿棒

Dsc_1309

エタノールは「消毒用エタノール」ではなく必ず「無水エタノール」を使用します。薬局で1,000円ちょっとくらいで売っています。
キムワイプはケバ立ちのない拭き取り用ペーパーです。ホームセンターなどで300円以下で購入できますが、ティッシュペーパーで代用しても大丈夫です。
ただし、赤ちゃん用綿棒はぜひとも購入してください。このサイズに意味があります。


(1)キムワイプに無水エタノールを少量とり、カメラの端子部を拭きます。特に薄めた中性洗剤を使用する場合はボディ内部に入り込まないよう、つけすぎに注意してください。

1316 丸い部分をしっかり拭き取ります。


(2)赤ちゃん用綿棒に、同じく無水エタノールをつけ、シューのサイド部分の溝を拭きます。薄めた中性洗剤を使う時の注意事項は上と一緒です。

Dsc_1317 わざわざ「赤ちゃん用綿棒」を使う理由はココにあります。これでないと溝に入りません!


(3)どのくらい汚れていたかを見ると…

Dsc_1319 ほとんどの方が、真っ黒になった綿棒を目にすることでしょう…こんなに汚れるんですね。


(4)ストロボ側も同じように掃除します。

Dsc_1325

Dsc_1323

これで完了です!

キムワイプがない場合はティッシュペーパーで代用できますが、ケバ立ちが多いのと濡れることで耐久性が落ちボロボロとカスが出ることがありますので、ゴミが入り込んだり残ったりしないよう注意してください。

ストロボはカメラ上部にある丸い端子を経由して通信をしていますが、実はグランド(アース)をシューの側面から取っていますので、ここが汚れて接触不良になると発光ミスの原因になることもあります。


ちなみにこの掃除方法は、カメラの端子部だけでなく様々な家電製品の端子の掃除に応用できますので、ぜひ試してみてくださいませ!

(S)

フォトアルバム

アクセスランキング

ブログ内検索

他のアカウント

Twitter