« 弊社オフィス・スタジオの照明が変わりました | メイン | NASコマンダーの上位モデル「Air Pro(仮称)」開発中です! »

2016年7月 1日 (金)

i60A、まもなく発売です!

ずいぶん久々の更新になってしまいました…すみません。

毎週のようにワークショップやPHOTONEXTをはじめとしたイベントに追われていると、なかなか手が回りませんで…。


さて待ちに待った今回は、まもなく7月5日発売の「i60A」を取り上げたいと思います!!

ホームページ内のスペック表を見ていただければ仕様は分かると思いますので、こちらでは「実際サイズ感とかはどうなのよ?!」というギモンにお応えすべく、各モデルとの比較写真で紹介していきます☆


まずはニッシンストロボのソニー用製品の並びです。

Img_1451 左から「i40」「i60A」「Di700A」となっています。
こう見るとi40とi60Aの背の低さが非常に目立ちますネ。

Img_1450 こちらはサイドビューです。やはりズーム照射角が200mmまである関係上、i60Aのヘッドは長くなっています。

だいたいのサイズ感は掴めたかと思いますが「ニッシンストロボなんか手元にないよ…」というアナタのために、ちゃんとご用意してますヨ。

Img_1454 こちらは左から「i40」「i60A」、そしてソニー純正「HVL-F43M」の並びです。

Img_1453_2 同じくサイドビュー。やはり発光部の分だけ高さが違うことが分かります。

今度は4機種すべてを、上方向90度に向けて並べてみました。

Img_1459 左から「i40」「i60A」「ソニー HVL-F43M」「Di700A」です。
i40とi60Aは、上方向に向けた場合に発光部が本体部と一直線にはなりません。小型化を優先した為なのですがここがちょっと惜しいところ…。


せっかくなので、α6000に各ストロボを載せてみました。

Img_1455_2α6000+i40

Img_1456_2α6000+i60A

Img_1458_2α6000+Di700A

Img_1457_2α6000+HVL-F43M


それぞれに機能の違いもありますので一概に「どれが良い」とは言い切れませんが、なんとなくサイズ感はお分かりいただけたのではないでしょうか?

Img_1469i60Aは7月5日、まずはソニー用から発売開始です!

単品販売のみですので、ワイヤレスでご利用になりたい方は、別途必ず「Air1」をセットで購入してくださいませ。もちろんAir1経由でしたらソニー以外のカメラからも全機能使用できますよ!

ぜひともみなさまのお手元に1台、いかがでしょうか?

(S)

フォトアルバム

アクセスランキング

ブログ内検索

他のアカウント

Twitter