« 夜景シンクロ撮影は難しい? | メイン | 弊社ホームページやブログの記事の転載はご遠慮ください。 »

2016年7月28日 (木)

ストリートスポーツ撮影入門 ライティング体験会レポート

こんにちは。

本日は先日7月23日にTRINITY B3 PARKにて行われた。

ストリートスポーツ撮影入門 ライティング体験会でのレポートを致します。


今回の講師はDB Noriさん

DB Noriさんも元インラインスケートプレイヤーで

今はカメラマンとして活動されております。


実際のワークショップの内容と流れですが、

・ストロボをつけないまま、実際に動いているライダーさんの撮影の練習

・撮影場所をいくつかに分けてストロボをカメラの上につけてるグループと

Air1+Di700Aを使ってオフカメラでのライティングで撮影するグループ3ポイントにわかれ撮影

・DB Noriさんの実演、という流れでした


まず最初にストロボを使わず動いているライダーさんの撮影練習。

参加者のみなさんに連射を使わず撮影する為の置きピンや流し撮りのコツなどを説明。

_60a3479

_q0c0105_2

続いてオフカメラでの撮影ポイント3つとオンカメラでの撮影ポイントで

参加者の方がローテンションで撮影していきます。

オフカメラライティングのセッティングをしながら撮る位置やカメラの設定など確認していきます。

_60a3484_1

_q0c0150

こちらがオンカメラの撮影風景

_60a3488

_q0c0143_2(↑右側です)

このあとインラインスケートプレイヤーの中山慎太郎さんが

寝そべってる人たちの上を飛び越すパフォーマンスを披露しました

まず飛ぶ位置にプレイヤーに手をおいてもらい、

そこにピントを合わせてもらいました。

_60a3501

それから参加者の上を飛びます

_60a3502_3

別の角度で

_q0c0196

実際に目の前でみるとかなりの高さで飛んだので圧巻でした。

滅多に無い経験だったのではないかと思います

こういった写真こそストリートスポーツならではですね。

その後はDB Noriさんの実演です

_q0c0206

その後に使用機材や撮影の方法などを解説

_q0c0203_3

そして実演での写真がこちら

13840506_661318707358138_765137884_

メイン光 Di700A  出力1/16 

サブ Di700A 出力1/16

焦点距離35mm

ストロボのズーム設定 35mm

f/5

ss: 1/30

ISO: 400

※撮影のコツ: レンズの中心軸に合わせて回します。回す量はシャッター速度と定常光の量により都度変化します(講師より)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のワークショップの雰囲気伝わったでしょうか?

ニッシンジャパンとしては基本的に動いてる被写体の撮影のワークショップが

今までほぼなかったのでスタッフからしてもだいぶ新鮮なワークショップになり、

またやって頂きたいとのご意見を多く頂戴致しまして

今後こういったワークショップを増やしていければ良いなと思っております!

最後に今回のプレイヤーさんのご紹介をさせて頂きます。

インラインスケートプレイヤー 中山慎太郎さん

スケートボーダー 漢那真哉さん

キッズスケートボーダー 齋藤丈太郎さん

フォトアルバム

アクセスランキング

ブログ内検索

他のアカウント

Twitter