« 弊社ホームページやブログの記事の転載はご遠慮ください。 | メイン | ストロボをカメラから離して使うには?オフカメラ撮影の方法 »

2016年12月 4日 (日)

i60A、ニコン用・キヤノン用はまもなくです

お久しぶりになってしまいました。

いよいよ待望の「Di700A」そして「Air1」のフォーサーズ用・富士フイルム用が発売開始となり、当初予定していた製品はすべて出揃ったことになります。

メイン機としてフルサイズ一眼を、サブ機としてミラーレス機を所有する方は年々増加する一方で、その反面メーカー違いだとストロボが共用できないんだよな…というお声は多かったのですが、Air1から制御するDi700Aは何用でも連動しますので機材共用が可能となり、おかげさまで大変好評を頂いております!

…ちょっと待って!まだ出ていないものがあるよ!

そうです、i60Aは現在「ソニー用」「フォーサーズ用」「富士フイルム用」が発売中ですが、肝心のニコン・キヤノン用は…??
ご心配なく。先日弊社に試作機が届きまして、最終調整を行っているところですので、もう少しでお手元にお届けできそうな感じです。

そんなi60Aのニコン用・キヤノン用をいち早く、今日はちょっとだけご紹介します。

Img_0308 おなじみの箱です。ラベルがニコン用・キヤノン用ですね。

ではキヤノン用を開けて、カメラに装着してみましょう!

Img_0286_3 i60AをCanon EOS-1DXに装着してみました。

i40だと大柄な一眼レフボディに装着した際、ちょっとかわいすぎる感じがありましたが、i60Aだとコンパクトながらバランスよくまとまりますね。

Img_0299_3 サイドビューです。

ズーム照射角が200mmまである関係でヘッドが長いため、背が低いボディでもレンズフードによるケラレは意外に発生しにくいようです。
(本機のヘッドにロック機構はありません)

Img_0293_3 前面部のアップです。

i40と同様のLEDライト・AF補助光の橙LEDの他に、外部電源端子がつきます。
ニコン・キヤノンそれぞれ純正ストロボと同じ形状のコネクタですので、弊社パワーパックシリーズのほか、各社純正のストロボ用外部電源もお使いいただけます。

Img_0305_3 操作パネルもシンプルかつ見やすく仕上がっています。


今回は写真で少しご紹介しただけですが、近日中に正式発表できるかと思いますので、もう少しだけ…どうかお待ちくださいませ!!

(S)

フォトアルバム

アクセスランキング

ブログ内検索

他のアカウント

Twitter