« CP+2017にて登場「Air10s」をちょっとだけご紹介 | メイン

2017年8月 2日 (水)

Di700Aはホットシューの交換ができます

更新がしばらくぶりになってしまいました…毎回楽しみにされていた皆様すみません。

発売以来好評をいただいております、NAS(Nissin Air System)搭載・電波式ワイヤレス対応ストロボシリーズ。
特に、お手軽価格と大光量・5社マウント対応でオフカメラ撮影に最適な「Di700A」は、多くの方にご利用いただいております。

ところが、どんなに注意して使っていても、スタンドごとストロボが転倒してしまうことがあります。ライトスタンドにウェイトをかける・風の少ない場所で使うなど工夫は必要ですが、それでも倒れてしまうとストロボの固定部である「ホットシュー」が破損してしまうことがあります。

普通はこのシュー部分、メーカー預かり修理となりますが、弊社の一部機種だけはユーザー交換が可能なことをご存知でしょうか?
今日はこのシュー交換をご紹介したいと思います!!


【注意】
ホットシュー交換にはドライバーなどの工具が必要です。内部部品に触れる可能性があるため上級者向けの作業となります。またシューをユーザー交換されたことに起因する故障・不具合の保証はございません。
作業に関連しない内部部品やコードはいじらないようにしてください。
作業に不安がある場合は、弊社サービス宛にお送り頂く「通常修理」をお勧めいたします。

シュー部品のみを別マウント用のものに交換しても、対応カメラを変更することはできません。元のマウントと異なるシューへ交換された場合、オンカメラ撮影時はモードを問わず正常に動作しません。



【用意するもの】

・ストロボ本体
・交換用ホットシューパーツ (ニッシンデジタル・ダイレクト本店でお求め頂けます)
・精密プラスドライバー (サイズ:0番)

Img_6727 今回交換するストロボは「Di700A ソニー用」です。ツメが片方折れていますね…。
規格上、シュープレートが樹脂製となっていますので、強い衝撃を加えると破損しやすい部分でもあります。


1. 電池を抜き、シュー根元にある4本のねじを外します

Img_6724_2 精密プラスドライバーを使い、4本のねじを外します。外したねじは再利用しますので紛失しないよう注意してください。


2.シュー本体を引き出します

Img_6721

Img_6722_2 ねじが外れたら、シュー部品を持って引きあげます。コードがつながったままなので強く引っ張りすぎないよう注意してください。


3. シューコードを引き抜き、破損したシュー部品を取り外します

Img_6733

Img_6732 シュー部品のコードには向きがありますので、あとで向きを見間違えないようメモしておくことをお勧めします。


4. スペーサーがある場合はスペーサーを忘れずに

Img_6723 ソニー用・フォーサーズ用・富士フイルム用には、シュー部品と本体の間にスペーサーが挟まっています。
作業中にスペーサーは外しても構いませんが、組み立てるときには忘れずに装着してください。


5. 逆の手順で組み立てて完成!

Img_6719 すっかりキレイになおりました!!


ニッシンストロボのうち、Di700A・Di700と、Di600・Di622Mark2・Di622の5機種だけはユーザーによるシュー交換が可能ですので、腕に自信のある方・修理に時間をかけたくない方はこちらを参考にご自身で部品交換していただくのも良いかと思います!

なお、形状が同一のi40・i60A・Air1・Air10sは、一部仕様が異なるためユーザー交換はできません。またMG8000・Di866シリーズ・MF18等は、ユーザーにてシュー交換ができる設計になっておりませんので、絶対に分解はしないでください。

Img_6729 左:i40用ホットシュー  右:Di700A用ホットシュー


交換用ホットシュー部品は、各マウント用をニッシンデジタル・ダイレクト本店にてお取扱しております(1個1,500円・送料別)ので、ぜひともご活用いただければと思います!!

Di700A/700 共通ホットシューASSY (ニコン・キヤノン・フォーサーズ・富士)
Di700A ソニー用 ホットシューASSY
Di600/622MARK2/622 共通ホットシューASSY

(S)

フォトアルバム

アクセスランキング

ブログ内検索

他のアカウント

Twitter