CP+ 2013 Feed

2013年2月12日 (火)

スピードライト Di700

いよいよパワーパック PS 8の販売開始となった先週ですが、同じくCP+で発表となった「スピードライト Di700」の情報もいち早くお届けします!
なかなかここの記事で書けずにすみません。

まず、弊社ストロボの勢揃い写真です!

Img_4208s
左からMG8000・Di866 MARKII・Di700・Di622 MARKIIです。
あれ…サイズが…?そうなんです。Di700は決して「コンパクトサイズ」なストロボではないのです。

サイドビューで比べてみましょう。
Img_4211s
左からMG8000、あとの並びは上と同じです。
さすがに高耐熱仕様のMG8000よりはヘッドは短いですが、案外小さくはないのです…。

でもでも!今までの弊社製品にはなかった特徴がたくさんあります!
それはまた次回の更新をお楽しみに…。

Di700は2013年4月発売予定です。こうご期待!

※画像のDi700は開発中の試作品であり、量産品と仕様が異なる可能性がございます。
 また画像のMG8000は試作品であり、量産品とは一部仕様が異なります。

2013年2月 8日 (金)

「パワーパック PS 8」ようやく発売です

CP+で初お目見えとなった「パワーパック PS 8」、本日無事に販売を開始致しました。
当面はオンライン販売のみとさせていただきます。が、その分確実にお安くご提供させていただいております。

プロカメラマンの方はもちろん、ストロボをよく使用される一般ユーザーの方にも、手の届きやすい価格設定に尽力しました。
性能は旧モデル比較で決して劣っていません。むしろ小型化されているので機動力は向上しています。

製造元(中国)が旧正月で連休に入っておりますので、初回ロットを逃すと今月末頃の入荷になる予定です。
ご検討中の方は、どうぞお早めにご注文いただければと思います。
もちろん、ニッシン製ストロボだけでなく、キヤノン・ニコン・ソニー・ペンタックスの各社純正ストロボでも使用できます。(ソニーとペンタックスは別売コード併用で使用可、それぞれ外部電源端子のある外付ストロボのみ対応)

その性能に、きっと満足していただけるはずです。

Img_9317

是非とも、みなさまのご注文お待ちしております。(S)

2013年2月 7日 (木)

CP+ストロボアクセサリのご紹介(その2)

CP+ 2013の弊社ワークショップでも登場した、撮影に便利な小道具たちをご紹介するシリーズ。

第二弾は、ワークショップでも大活躍した「ディフューザーボックス」です!
ただし弊社製品ではないのですが…とても便利なのです。お問い合わせも多かった製品ですので。

60  602

SMDV ディフューザー60ソフトボックス

発売元:(株)ケンコープロフェショナルイメージング

この製品の優れている点は
・どんなクリップオンストロボでも簡単に装着できる
・セッティングもとっても簡単でスピーディー
・折り畳んでコンパクトに収納ができる(収納バッグ付属)
・六角形なので(瞳に映った)キャッチライトの形状がきれい
・それなりに十分な大きさがある
・手頃なお値段

クリップオン用のディフューザーは近年いろいろ登場してきましたが、小型サイズのものが多いのが現状です。
大型のものを探せば、あるにはあるけど価格が…。
これは(この手の製品としては)お手頃価格ながら、直径はしっかり60cmありますので、多用途に活躍できそうですね。

これ1つあるだけで、撮影の幅がグンと広がる気がしませんか?

CP+のデモで使用したものは弊社セルフスタジオの備品としてご用意しておりますので、スタジオご利用の際はぜひお試しいただければと思います!

そしてなんと、ニッシンデジタル・ダイレクト本店でも取扱を始めました!価格は16,780円!!

なお、セッティングには別売のライトスタンド(オスダボ型)が必要になります。

2013年2月 5日 (火)

CP+ストロボアクセサリのご紹介(その1)

CP+ 2013の弊社ワークショップでも登場した、撮影に便利な小道具たちをご紹介します。

第一弾はもちろん弊社製品「ユニバーサルシューコード SC-01」です!
いわゆるTTLオフカメラシューコードです。もちろんカメラメーカー各社が純正品でも販売していますね。
でも、弊社製品はもっと独創的な機構が搭載されています!

それは「各社カメラメーカー共有で使えるマルチコンタクトシュー」を採用している点です!

Img_9255
はい、見ていただければ一目瞭然。端子がたくさんついています。これが”ミソ”です。

もちろん、正常動作するのはカメラとストロボが同じメーカー用同士の時だけですが、たとえばニコンとキヤノンなど複数のメーカーのカメラを持っていても、このケーブル1本ですべてまかなえてしまうのです!

CP+ 2013のワークショップでは、山田先生がこのSC-01を使用されていました。ブラケットなどを併用してカメラから離したいときには最適でしょう。
ニコン・キヤノン・ペンタックスのカメラで使用できます。非公式ですがフォーサーズでも使えるという情報も…(この件は弊社ではお答え・サポートは一切できませんのでご了承下さい)

ストロボがカメラから離れるだけで、また違った世界が楽しめるはずです!
価格は定価6,800円にて、各カメラ量販店・弊社オンラインショップで好評取扱中!!

2013年2月 4日 (月)

クリップオンストロボ用アクセサリー!

今回のCP+2013のポートレート講座では、最新のクリップオンストロボ用アクセサリーを、たくさんご紹介しました。

講座が終わった後、カウンターに来られて「あのアクセサリーを買いたい!」という方が多数おられました。

これについては、日をあらためて(まだ後片付けが残っておりますので、しばらくお待ち下さい。)、じっくりご紹介いたしますので、どうぞ楽しみにしてくださいね!

フォトアルバム

アクセスランキング

ブログ内検索

他のアカウント

Twitter