Di866ll/866 Feed

2016年1月25日 (月)

アンブレラホルダの話(続編!)

今回は2014年9月のブログ記事の続編、アンブレラホルダの話です!

【前回記事はこちら】
アンブレラホルダの話 (2014年9月11日)

前回記事で紹介した、写真電気工業様の「SD HOLDER」は弊社スタジオやワークショップなどでも大活躍をしておりますが、これの新しいバージョンが出ていたのはご存知でしょうか?それはズバリ…!

「2灯用」

そう、2灯のストロボがいっぺんに装着できるシロモノです!!
今回は写真電気工業様のご厚意により、実物が弊社に届きましたのでさっそく試してみました。

Dsc_0087_2 かなり傷んでいますが、右が従来から使用していた1灯用の「SD HOLDER(J型)」
そして今回やってきたのが、左側にある2灯用の「SD HOLDER(T型)」です!!

※弊社にて使用している1灯用のSD HOLDERは初期型製品で、現行のJ型とは仕様が若干異なります

Dsc_0089_3 こちらが弊社で従来使用していた、1灯用のSD HOLDERの使用時の様子です。
アンブレラの軸が、ストロボのヘッドのすぐ脇に来るため光軸がアンブレラの芯に近くなり、ムラなく照射することができますね。

そして今回の2灯用を試します…

Dsc_0090 じゃーん!2灯横並びです!光量も倍増!!

Dsc_0091 パワーパックコードも干渉しませんので安心!

Dsc_0095 底面には三脚用の小ネジ(UNC1/4)が埋め込んでありますが、コインなどで外せば大ネジ(UNC3/8)にも対応するそうです。

Dsc_0094 ホルダー単体では角度調整ができませんので、パンヘッドや自由雲台など角度調整できるものを介してスタンドに装着します。


この「SD HOLDER(T型)」は、お値段7,400円とちょっと高価ではありますが、アルミ製で軽く非常に丁寧なつくりになっているので、安心して・長く使えるものだと思います。
もちろんスタジオ備品としても置いてありますので、ご自由にお使い頂くことができます。

写真電気工業様のホームページから購入できますので

「アンブレラを使う時に軸がセンターに来ないのが気になって…」
「大きなアンブレラなのでクリップオンストロボ2灯使いたいんだけど…」

という方には良い選択肢のひとつになるかと思います!


【写真電気工業 ホームページ (トップ)】
http://www.net-sd.co.jp/index.html

(S)

2014年9月11日 (木)

アンブレラホルダの話

クリップオンストロボでもアンブレラなどのアクセサリと併用して、本格的撮影でもけっこう使えるという認識が広まりつつある今日この頃。

しかし、特にアンブレラを併用する際に悩むのが

「光軸とアンブレラの軸が遠いんだよなぁ…」

という点。


そこで、少し前にネットで紹介されており、なかなか良いかも?と思ったものをテストしてみました。

Img_9302 写真電気工業株式会社「SD HOLDER」
http://www.net-sd.co.jp/sdtown/3f/sd_holder.html (初回ロット版)
http://www.net-sd.co.jp/sdtown/3f/sdholder_setumei.html (通常版)

アルミ製のL字型金具に、スタンド取付ネジとアンブレラ固定用の穴をつけ、ストロボ固定用シューを装着した、ある意味単純な構造。

Img_9304 MG8000でもぴったりです。

Img_9306 本体とのクリアランスはこのくらいありますので、干渉はしません。

Img_9307 このようにアンブレラを固定します。かなり光軸に近い上に、アルミ製なので丈夫で軽いのが良いですね。

Img_9308 Di700の場合。

Img_9309 Di866 MARK2も当然OKです。

※シュー部分のロック構造上、弊社i40では使用をお勧めしません。装着不可の場合もございます。

Img_9312 恐らく手作りでしょう。アルミ製ですので繰り返しネジの動くスタンド取付部・アンブレラ固定部は金属部品が挿入されており耐久性も高そうです。
スタンド装着ネジは細ネジですので、三脚等にも固定が可能です。なおヒートンは落下防止用に使うものだそうです。

Img_9313 アンブレラ固定部。薄いですがしっかりしています。

このSDホルダー、初回200個のロットとその後の通常ロットで、肉厚など多少仕様が異なるそうですが基本仕様は変わりありません。
弊社で購入したのは、写真電気工業様のショールームのみで売っている初回ロットで、価格は2,800円(税別)でした。
通販の場合は、写真電気工業様のオンラインショップから通常ロット製品(3,400円)が購入できるようです。


アンブレラと組み合わせたロケ撮影では、発光量も多くなりがちです。
普通のクリップオンストロボですと、繰り返し発光させるとすぐにオーバーヒートしてしまう可能性がありますので、こういったアクセサリと組み合わせる場合は MG8000 ExtremeパワーパックPS8 がやはりおススメですね。

(S)

2014年7月14日 (月)

ライトブラスターを試してみました(その2)

前回サンプル写真をアップしたところ、いつもの4倍以上のアクセスがあったことに驚きましたが、今日はライトブラスター本体についてアップしてみます。

(繰り返しますがこれは弊社製品でも弊社取扱製品でもありません…担当者の興味とマシンガンストロボに最適なアクセサリでありながら、通販のみの製品なので記録という側面もあります)


デモでお借りしたセットです。(ストロボは含みません)

Img_8476 フィルムのネタキットが3種・ゴボキット(金属製)が1種です。
ニコン用の場合はこれにニコンF→キヤノンEFのマウント変換リングが付属するそうです。

Img_8480

Img_8478 ベルクロで固定する形ですね。

まずレンズを装着してみます。

Img_8484

今日はフィルムカメラ時代の「EF20-35mm F3.5-4.5 USM」というレンズを装着しています。

Img_8483 しっかり装着するとまわりすぎてしまうのは仕様のようです。(ガタはありませんがロック機構もありません)

ネタを挟むホルダーはこのようになっています。

Img_8486

Img_8488 マウント仕上げのリバーサルフィルムを入れるのもOKです。

Img_8490 こちらはライトブラスター純正のネタ・ゴボです。

Img_8491

Img_8492 横からスライドさせて入れます。

フタをしたら本体に挿しこみます。

Img_8493 カメラの構造と一緒なので上下逆さになるように。

ストロボを本体に装着します。(順番は前後しても問題なし)

Img_8494

Img_8495 MG8000はちょっときついですが固定できます。

ブラスター本体にはネジ穴(細ネジ)がついていますので、ライトスタンド・ダボや三脚に装着ができます。

Img_8496

Img_8498 微妙に指が写っていたりテーブルが写っていたり適当ですね…

さあこれでセット完了です。あとは背景へ向けて調整するだけ(これが難しい)。

Img_4618 カッコイイ!!



ちなみに、ストロボ本体とネタとの距離関係はこのくらいです。

Img_8501 かなり近いのはお分かりでしょうか?

ブラスター本体も放熱性は良くないので、調子に乗ってたくさん焚くとストロボにもスライド(ネタ)にも思わぬ負荷をかけることになってしまいます。

そこで実験です!



【実験】
ライトブラスターに普通のストロボを装着して、パワーパック併用でフル発光し続けるとどうなるか

【用意したもの】
・ライトブラスター本体
・キヤノンレンズ
・ニッシンDi866
・ニッシン パワーパックPS-300

※この実験は危険性のテストのために行っております。ユーザーでは絶対に行わないで下さい。これにより発生した不具合に関しては弊社は一切の責任を負いません。
またこの実験結果はあくまで参考値であり、数値や状況を保証するものではありません。

まずは実験開始前。

Img_8507 まあ、普通です。

ストロボをフル発光にし、照射角は24mmに。パワーパックを接続してテスト開始。
チャージが完了したらすぐに次の発光…というペース(約1~2秒に1回発光)で焚き続けます。

43コマ目。

Img_8510 オーバーヒート警告が出ました。

ここでライトブラスターからストロボを外します。

Img_8514 と…溶けてます…怖い…。
これだともう修理しかありません。

今回はかなり厳しい条件でテストしたように思うかもしれませんが、調整のために10回ほど発光して、そのあとにテンポよく30コマくらい撮影したと思えば、決して非現実的な状況ではないと思います。

強い光量で連続使用でも安心して使うには、やっぱりニッシンMG8000「マシンガンストロボ」しかないわけですね(ちゃんと宣伝です!)

そんなライトブラスターは、7月26~27日のイベントで弊社にて実機を展示致しますので、ぜひ皆様のお越しをお待ちしております。(S)

2013年4月19日 (金)

プリ発光?いやカメラの設定です。

弊社のDi866シリーズや、リングフラッシュMF18で、しかもニコン製カメラでご利用の方で比較的よくあるお問い合わせ。

「ストロボで撮影するときのプリ発光を止める方法を教えてほしい」

今のデジタルカメラでは、撮影する際に「シャッターボタンを押した瞬間にプリ発光をして光量を測定し、瞬時に計算してすぐ本発光(撮影)をする」というステップを一瞬のうちに行っています。

ところがその説明をすると「いや違うんだ。撮影前にパパパパパッと何回か光ってしまってすぐ撮れないんだよ。」と。
実はそれ、ストロボのプリ発光ではなく”赤目軽減機能”の動作です。

ニッシン製・純正問わず、ストロボ側には赤目軽減モードなどの設定は一切ありませんので、カメラ側で赤目軽減がオンになっている場合のみ発生します。

0003

写真はD300の例ですが、赤矢印部に「目のマーク」が点いているのが分かりますでしょうか?
これが点いていると、赤目軽減のためにシャッターボタンを押した後に数回小光量で発光してから撮影となるため、すぐにシャッターが切れなくなります。

そもそも赤目(ストロボを焚いて撮影したときに人物の目が赤く映ってしまう)が起こるのは、ストロボの強い光が人間の目の中の網膜(血管が多い)まで届くために、それの反射によって目の中が赤く見えてしまうというのが理由です。
これを防ぐため、赤目軽減がオンになっていると、予め何度か強い光を出すことで人間の目の瞳孔を閉じさせて、結果目が赤く映りにくくするという仕組みになっています。

カメラで赤目軽減をオフにすれば全く問題なく撮影できますので、一度確認してみてくださいませ。

ちなみに、赤目軽減のオンオフの方法は機種によって異なりますので、カメラの取扱説明書をお読みいただくか、カメラメーカーのサポートへ聞いていただきますようお願いいたします。

2013年3月28日 (木)

意外と知らない?ニッシンストロボのリセット方法

弊社のMG8000・Di866 MARK2・Di866・MF18にはカラー液晶の操作パネルが備わっています。
直観的な操作ができるのが特徴なのですが、使用中にバッテリー切れになったりすると、ごく稀に誤動作を起こしてしまうことがあります。

具体的には「オートズームが動作しない」「調光補正が動かない」「メニューの一部が文字化け?している」などの症状が起こることがあります。ストロボ内に高度なOSが載っているためなのですが、このままでは正常に使用できませんので一度「リセット」をする必要があります。

_mg_0888
(1)メニュー画面から「Setting」を選択します

_mg_0889
(2)Settingメニュー状態で下キーを押し続け、2ページ目の中の「Reset」項目にカーソルを合わせる

_mg_0890
(3)右矢印キーを押して「Set to confirm」の表示が出たら、十字キー中央のSetボタンの押す

これでリセットが行われます。あっというまに終了してSettingの画面に戻りますので、お好みの調光メニューに戻って再度撮影をしてみてください。

なお、リセットしますとマイTTLや各撮影メニューの設定項目は初期状態に戻りますのでご注意ください。

カラー液晶を搭載したニッシンストロボの場合は、この作業をすることでトラブルの8割ほどは解消しますので、まずトラブルか?と感じた場合はぜひお試しください。


2014年2月更新

新たなファームウェアより、MG8000・MF18で簡単にリセットが可能になっております。

【MG8000の場合】
電源を入れ、十字キー中央のSetボタンを押し続け(Advanceメニューの表示が出てもそのまま)、5秒ほどキープするとモード選択メニュー画面に戻りリセットされます

【MF18の場合】
電源を入れ、十字キー中央のSetボタンを押し続け(モデリングLEDが点灯してもそのまま)、10秒ほどキープするとフルオートモード(緑色のAの表示)に戻りリセットされます

【Di700の場合】
電源を入れ、セレクターダイヤル中央のSetボタンを約5秒間押し続けると、フルオートモード(緑色のAのランプ)が点灯しリセットされます

※写真のMG8000は試作機です。製品版とは若干仕様が異なります

フォトアルバム

アクセスランキング

ブログ内検索

他のアカウント

Twitter