ニッシンデジタル・ダイレクト(販売) Feed

2016年2月 5日 (金)

100万発以上を耐えたマシンガンストロボ

さかのぼること、2013年9月の記事。

30万発以上を耐えたマシンガンストロボ

同じ方からふたたびやってきた修理依頼。内容は「ヘッドのロックにガタが多くなってきたので調整して欲しい」というものでした。
シリアルナンバーを確認すると本当に初期のロットの製品。発光に関しての依頼ではない…ということは発光動作は正常?
購入から約3年、ほぼ毎日1,000ショットくらい・年40万ショットのペースで仕事で使われているそうで、年数と使い方を考えれば軽く100万ショットを超えているはず…!

Dsc_1342 印刷が消えるほど使い込まれてますね…。

Dsc_1340 キズも多いです。

Dsc_1350 フロントの印刷は完全に消えてます。いや消したのかもしれませんが、それにしても使い込まれている感がしっかり。
写真ですと案外きれいに写っているのですが、現物を見るとどれだけ使われていたか分かります。

そして肝心のヘッド部分は…!

Dsc_1350すごくきれいです…。


ここからは完全に興味本位ですが、弊社デモ機のMG8000のうち比較的使用年数の少ない個体と、発色や明るさがどう変わっているか比較してみました。

Dsc_1356 MG8000(弊社デモ機) D7100・プログラムAE・発光量1/8(マニュアル)・WB:プリセット

Dsc_1357 MG8000(修理ご依頼品) D7100・プログラムAE・発光量1/8(マニュアル)・WB:プリセット


最初に弊社デモ機で、グレーカード(銀一製)を使いWBプリセットで合わせたのち、三脚に固定してストロボだけ交換して撮影しました。

下の写真はさすがに色温度が若干落ちてきており、発光量も僅かながら落ちております…が、まだまだ実用範囲!これで約100万ショット発光してるんです。修理担当からも「そもそもこれだけ発光管が持つとは、普通じゃ考えられないよね…」と。
確かに、最上位機種のシャッターユニットの3倍も耐久性のあるストロボなんて、スタッフも驚きです。


そんなMG8000ですが、残念ながら生産完了してしまっているのは記憶に新しいところ。
しかし!今日発表の「PAV2016関西(3/21開催)」ではアウトレット品の販売も予定しておりますので、これが本当に最後のチャンスになりそうですから、ぜひとも皆様のご来場をお待ちしております!

【PAV(フォトアクセサリービレッジ) 特設ページ】
http://www.pav-jp.com/

(S)

2014年6月11日 (水)

i40フォーサーズ用、間もなくスタートです。

急な発表となりましたが、期待の超小型ストロボ「i40」のフォーサーズ用がいよいよ仲間入りです。
すでに高円寺オフィスでは実機展示も開始しております。

お手にとって頂ければ納得のコンパクトボディ。
小型軽量とはいえ単3電池を4本収納しますので、それなりの重さにはなってしまいますが、それでもこの光量・機能をこの小ささで実現したモデルは他にはありません。

日本ではミラーレス一眼ではマイクロフォーサーズ陣営(特にオリンパス)のユーザー数が圧倒的に多い現状。にもかかわらず「ちょうどいいストロボ」がないという不満を多くの方が抱えていたようです。

小さいけど光量がない・首が振らない。高機能だけど大きくてバランスが悪い。

そう感じていた方にはまさにうってつけだと思います。

ある意味、勢力図を塗り替えて欲しい。そう思う製品でもあります。
オンライン販売のみですので、なかなか事前に現物を確かめることが難しいところではありますが、買って頂いて損はしない仕上がりになっているはずです。

ぜひあなたのお手元にも1台、いかがでしょうか?
(S)

2014年1月30日 (木)

弊社最寄りのコインパーキングが閉鎖

弊社の高円寺オフィスには駐車場がありません。

ご来社頂く際には近隣のコインパーキングをご利用頂いているのですが、この度弊社に最も近い(徒歩1分以内)の「カノープス高円寺北1丁目」パーキングが、本日1月30日の夜18時をもって閉鎖することになったようです。

005

昨年夏頃からマンション建築予定の看板が出ており、近いうちになくなってしまうのだろうか…と思っていたのですが、その日がついに来たようです。

最近はすぐ隣にある某宅配便業者の車庫のようになっていることもしばしばでしたが、ワークショップの際に講師の先生方が駐車したり、弊社スタッフが荷物を運搬する際に使用したりと、何かと便利な場所でもありました。

今後は周辺のコインパーキングを検索の上、ご利用頂きますようお願い致します。

2013年11月29日 (金)

本日のサンプル撮影

こんにちは。

本日は社内でサンプルの撮影がございました。

先日ブログにて紹介したフラッシュベンダーとハニカムグリッド、カラーフィルターでポートレートの撮影をしておりました。

撮った写真がこちら。

・フラッシュベンダー

_dsf5489_1

_dsf5494

_dsf5504

かなり柔らかく出てくれます。

撮影会やイベントなどの撮影で使用すると便利そうです。

・ハニカムグリッド

_dsf5563

_dsf5568_2

_dsf5556

 グリッドの照射角(光が飛ぶ範囲) 16°、25°、45°と調整が出来ます。

今回は一番広い45°を使用致しました。

モデルさんの斜め前から飛ばしてますが、背景を見て頂くとわかる通り

かなり円形に近い光を飛ばせます。

カラーフィルター(ユニバーサルフィルターキット)

_dsf5611_4

_dsf5628_4

ストロボは二台使用。

カラーフィルターは薄い青のフィルターを使い、

背景の方へ天井バウンスで背景へ飛ばしております。

もう一灯は斜め前からボックスでモデルさんへ飛ばしてます。

・・・が、これだけでは面白くないので、

・カラーフィルター(ユニバーサルフィルターキット)+ハニカムグリッド

_dsf5664

某有名漫画のかめ○め派的なのが出てきましたね(笑)

ちなみにグリッド無しで撮ると・・・

_dsf5653_2

シルエットになって格好良いことに・・・!笑

いかがでしたでしょうか??

久しぶりのポートレートの作例でした!!

あ、本日よりニッシンデジタル・ダイレクト(本店)にて

上記の作例を撮ったアクセサリーを販売致します!!

詳しくは下記URLをご覧ください。

また、高円寺のオフィスでも販売しております。

実際に来て購入されるお客様は5%引きにて販売させて頂いておりますので、

ネットで注文されるより、お得です。

最後に!!!!

12月14日(土)

ニッシンデジタルワークショップ06開催致します!!

その際にアクセサリー類もお試し頂けますのでどうぞ!

(アクセサリー関係は実際に使われるのが一番効果を実感頂けまます)

詳しくは下記URLをご覧ください。

http://www.nissin-japan.com/workshop.html

2013年11月27日 (水)

ストロボのアクセサリーのお話

本日、ROGUEのクリップオンストロボ用のアクセサリーが届いたので、

いろいろテストしておりました!!

_dsf5189_3

この三つです。

左から「フラッシュベンダー」「カラーフィルター」「ハニカムグリッド」

となっております。

■フラッシュベンダー

フラッシュベンダーから開封していきます。

開けるとこれが出てきます。

_dsf5204_3

装着するとこんな感じになります。

両端にマジックテープがついており、丸めて装着ができます。(画像下)

_dsf5205

_dsf5206

これで試し撮りをしてみます。

(下は丸めて装着したもの)

_dsf5214_2

_dsf5211_2

上の方は少し影が出ますが、全体的に光が回ります。

下の丸めた方ですと、きれいな円にはなりませんが、

フラッシュベンダーを丸めるだけと考えるならとても便利かもしれません。



■ハニカムグリッド

お次ぎはハニカムグリッドです。

開封すると中身はこれが入っております。

_dsf5191_2

ハニカムが二つついており、

25°と45°と照射角の切り替えが可能です。

また両方一緒に装着も可能で、その場合は16°になります。

今回は16°の試し撮りをしてみました。

25°、45°と広くなればなるほど照射角が広くなるとお考えください。

装着すると

_dsf5194_2

試し撮り

_dsf5196_3

かなりきれいな円形で照射される事がわかります。

フラッシュベンダーもハニカムグリッドもそうですが、

ROGUEのアクセサリーはかなりしっかりした作りになってますし、

簡単に着脱が可能ですので一つあると、とても便利だと思います。

そして、1mほど近寄ってもハニカムの線が出ないんです。



■カラーフィルター

_dsf5217_2

20色のフィルターが入ってますので撮りたい雰囲気に応じて切り替えが可能です。

取り付けるとこうなります。

_dsf5254_2

フィルターを付属のゴムバンドで止めるようになってます。

カラーフィルターで天井バウンスをするとこうなります。

(適当にやってるので被写体にも色被ってしまってますが、

そこはご愛嬌という事で・・・)

折角なのでカラーフィルターの作例では

ハニカムグリッド、フラッシュベンダー、カラーフィルター全部使っております。

斜め後ろからハニカムグリッド、天井バウンスでカラーフィルター、

カメラに取り付けたストロボでフラッシュベンダーを使用しております。

_dsf5253_2

_dsf5255_2

如何でしょうか?

カラーフィルターはいろんな使い方ができますので、一つあるととても便利かと思います。

■お知らせ

近日中に、ニッシンデジタル・ダイレクト(本店)での販売が決まりましたので

お知らせ致します!

まだROGUEの商品は載ってはいませんが、

下記、ニッシンデジタル・ダイレクト(本店)URLです。

http://www.nissindirect.net/item_search/

ちなみに値段ですが(すべて税込みです。)

フラッシュベンダー  4,900円

ハニカムグリッド 6,000円

ユニバーサルライティングフィルターキット(カラーフィルター) 4,150円

となっております。

また、面白いアクセサリー等あれば(販売するかどうかは置いておいて)

ご紹介させて頂きます。

フォトアルバム

アクセスランキング

ブログ内検索

他のアカウント

Twitter