ニッシンデジタル・ダイレクト(販売) Feed

2017年8月 2日 (水)

Di700Aはホットシューの交換ができます

更新がしばらくぶりになってしまいました…毎回楽しみにされていた皆様すみません。

発売以来好評をいただいております、NAS(Nissin Air System)搭載・電波式ワイヤレス対応ストロボシリーズ。
特に、お手軽価格と大光量・5社マウント対応でオフカメラ撮影に最適な「Di700A」は、多くの方にご利用いただいております。

ところが、どんなに注意して使っていても、スタンドごとストロボが転倒してしまうことがあります。ライトスタンドにウェイトをかける・風の少ない場所で使うなど工夫は必要ですが、それでも倒れてしまうとストロボの固定部である「ホットシュー」が破損してしまうことがあります。

普通はこのシュー部分、メーカー預かり修理となりますが、弊社の一部機種だけはユーザー交換が可能なことをご存知でしょうか?
今日はこのシュー交換をご紹介したいと思います!!


【注意】
ホットシュー交換にはドライバーなどの工具が必要です。内部部品に触れる可能性があるため上級者向けの作業となります。またシューをユーザー交換されたことに起因する故障・不具合の保証はございません。
作業に関連しない内部部品やコードはいじらないようにしてください。
作業に不安がある場合は、弊社サービス宛にお送り頂く「通常修理」をお勧めいたします。

シュー部品のみを別マウント用のものに交換しても、対応カメラを変更することはできません。元のマウントと異なるシューへ交換された場合、オンカメラ撮影時はモードを問わず正常に動作しません。



【用意するもの】

・ストロボ本体
・交換用ホットシューパーツ (ニッシンデジタル・ダイレクト本店でお求め頂けます)
・精密プラスドライバー (サイズ:0番)

Img_6727 今回交換するストロボは「Di700A ソニー用」です。ツメが片方折れていますね…。
規格上、シュープレートが樹脂製となっていますので、強い衝撃を加えると破損しやすい部分でもあります。


1. 電池を抜き、シュー根元にある4本のねじを外します

Img_6724_2 精密プラスドライバーを使い、4本のねじを外します。外したねじは再利用しますので紛失しないよう注意してください。


2.シュー本体を引き出します

Img_6721

Img_6722_2 ねじが外れたら、シュー部品を持って引きあげます。コードがつながったままなので強く引っ張りすぎないよう注意してください。


3. シューコードを引き抜き、破損したシュー部品を取り外します

Img_6733

Img_6732 シュー部品のコードには向きがありますので、あとで向きを見間違えないようメモしておくことをお勧めします。


4. スペーサーがある場合はスペーサーを忘れずに

Img_6723 ソニー用・フォーサーズ用・富士フイルム用には、シュー部品と本体の間にスペーサーが挟まっています。
作業中にスペーサーは外しても構いませんが、組み立てるときには忘れずに装着してください。


5. 逆の手順で組み立てて完成!

Img_6719 すっかりキレイになおりました!!


ニッシンストロボのうち、Di700A・Di700と、Di600・Di622Mark2・Di622の5機種だけはユーザーによるシュー交換が可能ですので、腕に自信のある方・修理に時間をかけたくない方はこちらを参考にご自身で部品交換していただくのも良いかと思います!

なお、形状が同一のi40・i60A・Air1・Air10sは、一部仕様が異なるためユーザー交換はできません。またMG8000・Di866シリーズ・MF18等は、ユーザーにてシュー交換ができる設計になっておりませんので、絶対に分解はしないでください。

Img_6729 左:i40用ホットシュー  右:Di700A用ホットシュー


交換用ホットシュー部品は、各マウント用をニッシンデジタル・ダイレクト本店にてお取扱しております(1個1,500円・送料別)ので、ぜひともご活用いただければと思います!!

Di700A/700 共通ホットシューASSY (ニコン・キヤノン・フォーサーズ・富士)
Di700A ソニー用 ホットシューASSY
Di600/622MARK2/622 共通ホットシューASSY

(S)

2016年2月 5日 (金)

100万発以上を耐えたマシンガンストロボ

さかのぼること、2013年9月の記事。

30万発以上を耐えたマシンガンストロボ

同じ方からふたたびやってきた修理依頼。内容は「ヘッドのロックにガタが多くなってきたので調整して欲しい」というものでした。
シリアルナンバーを確認すると本当に初期のロットの製品。発光に関しての依頼ではない…ということは発光動作は正常?
購入から約3年、ほぼ毎日1,000ショットくらい・年40万ショットのペースで仕事で使われているそうで、年数と使い方を考えれば軽く100万ショットを超えているはず…!

Dsc_1342 印刷が消えるほど使い込まれてますね…。

Dsc_1340 キズも多いです。

Dsc_1350 フロントの印刷は完全に消えてます。いや消したのかもしれませんが、それにしても使い込まれている感がしっかり。
写真ですと案外きれいに写っているのですが、現物を見るとどれだけ使われていたか分かります。

そして肝心のヘッド部分は…!

Dsc_1350すごくきれいです…。


ここからは完全に興味本位ですが、弊社デモ機のMG8000のうち比較的使用年数の少ない個体と、発色や明るさがどう変わっているか比較してみました。

Dsc_1356 MG8000(弊社デモ機) D7100・プログラムAE・発光量1/8(マニュアル)・WB:プリセット

Dsc_1357 MG8000(修理ご依頼品) D7100・プログラムAE・発光量1/8(マニュアル)・WB:プリセット


最初に弊社デモ機で、グレーカード(銀一製)を使いWBプリセットで合わせたのち、三脚に固定してストロボだけ交換して撮影しました。

下の写真はさすがに色温度が若干落ちてきており、発光量も僅かながら落ちております…が、まだまだ実用範囲!これで約100万ショット発光してるんです。修理担当からも「そもそもこれだけ発光管が持つとは、普通じゃ考えられないよね…」と。
確かに、最上位機種のシャッターユニットの3倍も耐久性のあるストロボなんて、スタッフも驚きです。


そんなMG8000ですが、残念ながら生産完了してしまっているのは記憶に新しいところ。
しかし!今日発表の「PAV2016関西(3/21開催)」ではアウトレット品の販売も予定しておりますので、これが本当に最後のチャンスになりそうですから、ぜひとも皆様のご来場をお待ちしております!

【PAV(フォトアクセサリービレッジ) 特設ページ】
http://www.pav-jp.com/

(S)

2014年6月11日 (水)

i40フォーサーズ用、間もなくスタートです。

急な発表となりましたが、期待の超小型ストロボ「i40」のフォーサーズ用がいよいよ仲間入りです。
すでに高円寺オフィスでは実機展示も開始しております。

お手にとって頂ければ納得のコンパクトボディ。
小型軽量とはいえ単3電池を4本収納しますので、それなりの重さにはなってしまいますが、それでもこの光量・機能をこの小ささで実現したモデルは他にはありません。

日本ではミラーレス一眼ではマイクロフォーサーズ陣営(特にオリンパス)のユーザー数が圧倒的に多い現状。にもかかわらず「ちょうどいいストロボ」がないという不満を多くの方が抱えていたようです。

小さいけど光量がない・首が振らない。高機能だけど大きくてバランスが悪い。

そう感じていた方にはまさにうってつけだと思います。

ある意味、勢力図を塗り替えて欲しい。そう思う製品でもあります。
オンライン販売のみですので、なかなか事前に現物を確かめることが難しいところではありますが、買って頂いて損はしない仕上がりになっているはずです。

ぜひあなたのお手元にも1台、いかがでしょうか?
(S)

2014年1月30日 (木)

弊社最寄りのコインパーキングが閉鎖

弊社の高円寺オフィスには駐車場がありません。

ご来社頂く際には近隣のコインパーキングをご利用頂いているのですが、この度弊社に最も近い(徒歩1分以内)の「カノープス高円寺北1丁目」パーキングが、本日1月30日の夜18時をもって閉鎖することになったようです。

005

昨年夏頃からマンション建築予定の看板が出ており、近いうちになくなってしまうのだろうか…と思っていたのですが、その日がついに来たようです。

最近はすぐ隣にある某宅配便業者の車庫のようになっていることもしばしばでしたが、ワークショップの際に講師の先生方が駐車したり、弊社スタッフが荷物を運搬する際に使用したりと、何かと便利な場所でもありました。

今後は周辺のコインパーキングを検索の上、ご利用頂きますようお願い致します。

2013年11月29日 (金)

本日のサンプル撮影

こんにちは。

本日は社内でサンプルの撮影がございました。

先日ブログにて紹介したフラッシュベンダーとハニカムグリッド、カラーフィルターでポートレートの撮影をしておりました。

撮った写真がこちら。

・フラッシュベンダー

_dsf5489_1

_dsf5494

_dsf5504

かなり柔らかく出てくれます。

撮影会やイベントなどの撮影で使用すると便利そうです。

・ハニカムグリッド

_dsf5563

_dsf5568_2

_dsf5556

 グリッドの照射角(光が飛ぶ範囲) 16°、25°、45°と調整が出来ます。

今回は一番広い45°を使用致しました。

モデルさんの斜め前から飛ばしてますが、背景を見て頂くとわかる通り

かなり円形に近い光を飛ばせます。

カラーフィルター(ユニバーサルフィルターキット)

_dsf5611_4

_dsf5628_4

ストロボは二台使用。

カラーフィルターは薄い青のフィルターを使い、

背景の方へ天井バウンスで背景へ飛ばしております。

もう一灯は斜め前からボックスでモデルさんへ飛ばしてます。

・・・が、これだけでは面白くないので、

・カラーフィルター(ユニバーサルフィルターキット)+ハニカムグリッド

_dsf5664

某有名漫画のかめ○め派的なのが出てきましたね(笑)

ちなみにグリッド無しで撮ると・・・

_dsf5653_2

シルエットになって格好良いことに・・・!笑

いかがでしたでしょうか??

久しぶりのポートレートの作例でした!!

あ、本日よりニッシンデジタル・ダイレクト(本店)にて

上記の作例を撮ったアクセサリーを販売致します!!

詳しくは下記URLをご覧ください。

また、高円寺のオフィスでも販売しております。

実際に来て購入されるお客様は5%引きにて販売させて頂いておりますので、

ネットで注文されるより、お得です。

最後に!!!!

12月14日(土)

ニッシンデジタルワークショップ06開催致します!!

その際にアクセサリー類もお試し頂けますのでどうぞ!

(アクセサリー関係は実際に使われるのが一番効果を実感頂けまます)

詳しくは下記URLをご覧ください。

http://www.nissin-japan.com/workshop.html

フォトアルバム

アクセスランキング

ブログ内検索

他のアカウント

Twitter