MF18 Feed

2014年12月 8日 (月)

【セミナーレポート】ポートレートワークショップ中級編 12/6開催(その1)

12月6日(土)、ニッシンジャパン内スタジオにてポートレートストロボワークショップを開催しました。

講師には毎回おなじみの、EOS学園の講師もつとめられ、愛ある厳しさが人気の山田愼ニ先生と、わかりやすく丁寧な解説に定評のある職人プロカメラマン吉澤士郎先生のお2人。

今回は中級編ということで、スタジオ編ではMF18(マクロリングライト)や各種アクセサリを使用、そしてスタジオ内だけでなくカフェスタジオを使った講座も開催しました。

まずはスタジオ編の様子からご紹介致します。


【第1部・山田愼二先生によるリングストロボ講座】

マクロ撮影だけでなく実はファッション写真など、ポートレート分野でも活用できるリングライト。
山田先生による「MF18マクロリングライト」をはじめとして、リング状発光部になるクリップオンストロボ用アクセサリを使用し、さまざまなライティングで撮影しました。

まずはMF18をカメラとレンズに装着して撮影開始です。

7d2_7886

次にリング部分を外して、簡易オフカメラストロボとして撮影しました。

7d2_78427d2_7847 天井バウンスや…

7d2_7848 左壁バウンス(今回は白カポック使用)を試しました。



最後に、山田先生ご自身の機材として、クリップオンストロボに装着するタイプのリング型ディフューザー2種を使いオフカメラで撮影。

7d2_7864 山田先生がまずはお手本として撮影。

7d2_7872

最後に、講評とプリントまで仕上げました。
RAW現像ソフトを使用し、山田先生からのアドバイスと共にプリントをします。

7d2_7891_2




【第2部・吉澤士郎先生によるスタジオライティング講座】

吉澤先生の講座では、さまざまなアクセサリを使用して光と影の出方の違いを比較しました。

7d2_7901

参加者の撮影時間では、スレーブ発光としたオフカメラストロボを発光させるため、トリガーとして弊社最新「i40」をマニュアル発光で使用しました。

7d2_7908_2

証明写真の撮影に使えるセッティングをやってみよう、という実験。

7d2_7920 使ったのはホームセンター等で売っている「プラ段」の白いもの。

7d2_7922 これを下からのレフ板として活用します。

7d2_7924_2 「アゴの下の影の出方はこれだけ変わるんですよ~」と吉澤先生。

またセッティングを変えて続きます。

7d2_7952 こちらはオンカメラフラッシュ+ROGUEフラッシュベンダー(L)で撮影。

150cmアンブレラを使用して、光のまわり方比較もしました。

7d2_7981 MG8000で照射角24mmに設定したとき。

7d2_7982 設定は変えずにディフューズキャップを装着。これだけまわり方と光量が変わるんですね。

最後に、参加者からの希望でこんなライティングを。

7d2_7969 下からソフトボックス(auroraライトバンクジャパン ファイヤーフライ65)を使用して、プラ段の透過光を利用しています。

7d2_7977 オマケのはずが皆さん真剣そのもの。

7d2_7994

最後にはRAW現像とプリントまでを仕上げました。


スタジオ編も毎回変化に富んだ内容でお送りしておりますので、ご満足頂けたかと思っております。



【参加者の方の作品】

●第1部

Koanasama 撮影:虎穴様

Okawasama 撮影:大川様

Hasegawasama 撮影:長谷川様

Kinoshitasama 撮影:木下様

●第2部

D4s_3307 撮影:吉澤先生

Watabesama撮影:渡部様

Iyodasama撮影:伊与田様

Fujimotosama 撮影:藤本様

2013年11月19日 (火)

リングライトの話

みなさま、急ですが、

「デジタルマクロライト」というストロボはご存知でしょうか?

「マクロリングライト」とも言います。

この記事を書いている者の印象だと、

名前だけ知ってはいるが実際は見たことがないのでわからない。

という方が多いと思います。

という訳で、

本日は弊社で発売している「MF18」デジタルマクロのご紹介をさせて頂きます。

こんな形してます。

発光部分がリングです。(当たり前ですが)

Dsc_0097_2

他のストロボと一番違う点は

「影が出にくいこと」です!

とりあえず実際に撮った物と比べてみましょう。

同じ条件で撮影しています。

まずMG8000を直に炊いたもの

Dsc_0077_2

次、MF18で撮影したもの

Dsc_0079_2

わかりますでしょうか??

後者の方が光がただストロボを焚いたような感じではなく、

全体に光がまわり柔らかいイメージになっています。

商品等を撮るのに一つ持っていても損はないと思います。

また、製品名に「マクロ」と入っているので、マクロ撮影専用と思われがちですが、

リングライトをポートレートにも使われる方もいらっしゃいます。

MF18でのポートレート撮影に関しては

魚住氏が動画にて紹介されているので、

こちらもご覧くださいませ。

http://www.nissin-japan.com/seminar.html#uo1

2013年9月25日 (水)

ファームウェアアップデートが公開されました

先週公表しているので今更な部分もありますが、再度こちらにて告知しておきます。

MG8000(マシンガンストロボ)、MF18マクロリングライト、Di466フォーサーズ用の3機種向けに新ファームウェアが公開されています。

アップデート方法は、弊社へご来社頂き受付する方法(無料)と、弊社まで宅配便で直送していただき作業後に返却する方法(工賃無料・発送時の送料のみご負担下さい)がございます。
お客様自身でのアップデートは現状できませんのでご了承下さいませ。

【MG8000 Extreme】
・特に外部電源併用時に、内部単三電池が消耗しているにもかかわらずバッテリー残量警告表示が出にくい現象を改善
・十字キー中央部の「Set」ボタン長押し(約5秒)で工場出荷時へオールリセットできるように改良
・近距離撮影時の調光精度を改善 ※キヤノン用のみ

【MF18 マクロリングライト】 ※ニコン用のみ
・調光補正ステップの精度を改善
・一部機種において本機装着時、カメラ肩部のサブ液晶のバックライトが点灯したままになってしまう現象を改善

【Di466 フォーサーズ用】
・S2モードで使用時のみ、発光量の制御がうまくいかない事がある現象を改善

※お手持ちの機器のファームウェアバージョンは、電源オン時に「電源ボタン(On/Offボタン)+テスト発光ボタン(Pilotボタン)」を押すことで点灯する「調光補正ランプの点灯個数・位置」で確認します。

Di466firm

2013年4月19日 (金)

プリ発光?いやカメラの設定です。

弊社のDi866シリーズや、リングフラッシュMF18で、しかもニコン製カメラでご利用の方で比較的よくあるお問い合わせ。

「ストロボで撮影するときのプリ発光を止める方法を教えてほしい」

今のデジタルカメラでは、撮影する際に「シャッターボタンを押した瞬間にプリ発光をして光量を測定し、瞬時に計算してすぐ本発光(撮影)をする」というステップを一瞬のうちに行っています。

ところがその説明をすると「いや違うんだ。撮影前にパパパパパッと何回か光ってしまってすぐ撮れないんだよ。」と。
実はそれ、ストロボのプリ発光ではなく”赤目軽減機能”の動作です。

ニッシン製・純正問わず、ストロボ側には赤目軽減モードなどの設定は一切ありませんので、カメラ側で赤目軽減がオンになっている場合のみ発生します。

0003

写真はD300の例ですが、赤矢印部に「目のマーク」が点いているのが分かりますでしょうか?
これが点いていると、赤目軽減のためにシャッターボタンを押した後に数回小光量で発光してから撮影となるため、すぐにシャッターが切れなくなります。

そもそも赤目(ストロボを焚いて撮影したときに人物の目が赤く映ってしまう)が起こるのは、ストロボの強い光が人間の目の中の網膜(血管が多い)まで届くために、それの反射によって目の中が赤く見えてしまうというのが理由です。
これを防ぐため、赤目軽減がオンになっていると、予め何度か強い光を出すことで人間の目の瞳孔を閉じさせて、結果目が赤く映りにくくするという仕組みになっています。

カメラで赤目軽減をオフにすれば全く問題なく撮影できますので、一度確認してみてくださいませ。

ちなみに、赤目軽減のオンオフの方法は機種によって異なりますので、カメラの取扱説明書をお読みいただくか、カメラメーカーのサポートへ聞いていただきますようお願いいたします。

2013年3月28日 (木)

意外と知らない?ニッシンストロボのリセット方法

弊社のMG8000・Di866 MARK2・Di866・MF18にはカラー液晶の操作パネルが備わっています。
直観的な操作ができるのが特徴なのですが、使用中にバッテリー切れになったりすると、ごく稀に誤動作を起こしてしまうことがあります。

具体的には「オートズームが動作しない」「調光補正が動かない」「メニューの一部が文字化け?している」などの症状が起こることがあります。ストロボ内に高度なOSが載っているためなのですが、このままでは正常に使用できませんので一度「リセット」をする必要があります。

_mg_0888
(1)メニュー画面から「Setting」を選択します

_mg_0889
(2)Settingメニュー状態で下キーを押し続け、2ページ目の中の「Reset」項目にカーソルを合わせる

_mg_0890
(3)右矢印キーを押して「Set to confirm」の表示が出たら、十字キー中央のSetボタンの押す

これでリセットが行われます。あっというまに終了してSettingの画面に戻りますので、お好みの調光メニューに戻って再度撮影をしてみてください。

なお、リセットしますとマイTTLや各撮影メニューの設定項目は初期状態に戻りますのでご注意ください。

カラー液晶を搭載したニッシンストロボの場合は、この作業をすることでトラブルの8割ほどは解消しますので、まずトラブルか?と感じた場合はぜひお試しください。


2014年2月更新

新たなファームウェアより、MG8000・MF18で簡単にリセットが可能になっております。

【MG8000の場合】
電源を入れ、十字キー中央のSetボタンを押し続け(Advanceメニューの表示が出てもそのまま)、5秒ほどキープするとモード選択メニュー画面に戻りリセットされます

【MF18の場合】
電源を入れ、十字キー中央のSetボタンを押し続け(モデリングLEDが点灯してもそのまま)、10秒ほどキープするとフルオートモード(緑色のAの表示)に戻りリセットされます

【Di700の場合】
電源を入れ、セレクターダイヤル中央のSetボタンを約5秒間押し続けると、フルオートモード(緑色のAのランプ)が点灯しリセットされます

※写真のMG8000は試作機です。製品版とは若干仕様が異なります

フォトアルバム

アクセスランキング

ブログ内検索

他のアカウント

Twitter