ニッシンからのお知らせ Feed

2018年5月10日 (木)

Air10s・Air1・AirRの電池の入れ方おさらい

お久しぶりでございます。たまの更新でも反応があると嬉しいものですね。

さて今日はNASコマンダーの電池の入れ方についてのおさらいです。
えっ?なぜ今更??と思ったあなたは、使い方を熟知している方かもしれません。本当は説明書にぜんぶ書いてあるのですが…急いていると慌ててしまったり、慣れていない方もいるかと思いますので、改めてここでおさらいしたいと思います。

01 Air10s・Air1・AirRはすべて「単4型電池2本」で動作します。

02 電池の挿入方向は、電池室の中にシールが貼ってある…のですがやや見づらいでしょうか。

03 正面位置から見た場合、奥側はプラス・手間側はマイナスが左側(フタ側)になります。

04 2本とも同じ方向に挿入しても動きません。

05 当然、逆向きでも同じです。2本同じ方向ではありません!

06 きちんと互い違いに入れましょう。

慌てていると、電池が間違った方向に挿入されていたり、同じ方向に2本入っていたりすることが「結構な頻度で」あります。慌てずに、まず一度電池の挿入方向を確認してみてください。


それからもう1つ。

時折お問い合わせいただくのが「Airの電池蓋が取れちゃった!故障した!修理いくらですか?」というもの。
これ実は、フタだけ取り外しすることが可能なのです。したがってフタが取れてしまっただけでしたら、丁寧にはめ込めば元通りになるのです。

07 「あー!フタがとれたー!」と慌てずに。

08 部品が割れていなければ、はめ込むだけで戻ります!

09 実はこの電池蓋、Air10s・Air1・AirRの3機種で共通部品となっているんですよ。

もし破損や紛失をしてしまっても、ニッシンデジタル・ダイレクト本店でフタのみの販売もしております(1個500円)ので、ぜひそちらもご活用くださいませ。

(S)

2017年8月28日 (月)

スーパーライトスタンド「LS-50C」もうすぐです!

PHOTONEXT 2017にて参考展示し、大変反響をいただきまして製品化が決定しました、ニッシン初のストロボ用品…ライトスタンド、それが今回ブログで初登場になる「LS-50C」です。


スーパーライトスタンド「LS-50C」の特徴は…

・たった575gの超軽量設計
・ライトスタンド初のカーボンパイプ使用
・リング回転方式のロック機構で出っ張りのないスリムなスタイル
・折り畳みサイズ48.5cmの超コンパクト設計
・にもかかわらず伸長195cmを確保
・脚の角度調整可能(3本のうち1本)
・パワーパック等を固定できるベルクロ式の固定ベルトが付属する予定

またブルーのカラーリングが印象的でもあります!

※今回写真に登場する製品は試作品です。製品版とは細部の仕様が異なります。

1dx_6113 こちらが「LS-50C」です。脚の部分とリングの青色(ライトブルー)がアクセントです。

1dx_6115 1本の脚には角度調整機構がつきます。(量産品では調整機構の範囲が写真と変更されます)

1dx_6117 パイプのロックは、三脚などでおなじみのリング回転式です。パイプが中で回転しないような構造になっているので、調整も簡単にできます。
先端はオスダボ(16mm)仕様になっています。オスダボのくびれ部分はスリムに仕上げますので、小径タイプのダボにしか取付できなかったアクセサリーにも対応します。
ダボ自体は太ねじ仕様ですが、細ねじ変換アダプターも付属する予定です。

1dx_6119 最大まで伸ばすと195cm。2m近くの高さがあるのでほとんどの撮影に対応できます。耐荷重は1.5kgまでですので、クリップオンストロボ用に設計されたアクセサリーはほとんど問題なく使えるかと思います。
(後ろに置いたのは比較用のハスキー3段三脚です)

1dx_6121 縮めれば48.5cm、この長さまで小さくなります!
航空機の機内持ち込みも余裕ですね。(手前は40cm定規)

1dx_6179

重量も500mlペットボトル飲料+α程度なので、数本持ち運んでも負担になりません!
おそらく現状で市販ライトスタンド最軽量…カーボン+アルミの恩恵ですね。


いかがでしたでしょうか?

機材の軽量化は進んでも、ライトスタンドの軽量化はあまり進んでいないジャンルです。そして、ただ軽く小さいだけでなく実用的な強度と高さを兼ね備えた、そんな製品を目指して現在最終調整を行っております。

発売は2017年9月、価格は13,500円(税抜)を予定しております。ご期待くださいませ!!

2016年12月 4日 (日)

i60A、ニコン用・キヤノン用はまもなくです

お久しぶりになってしまいました。

いよいよ待望の「Di700A」そして「Air1」のフォーサーズ用・富士フイルム用が発売開始となり、当初予定していた製品はすべて出揃ったことになります。

メイン機としてフルサイズ一眼を、サブ機としてミラーレス機を所有する方は年々増加する一方で、その反面メーカー違いだとストロボが共用できないんだよな…というお声は多かったのですが、Air1から制御するDi700Aは何用でも連動しますので機材共用が可能となり、おかげさまで大変好評を頂いております!

…ちょっと待って!まだ出ていないものがあるよ!

そうです、i60Aは現在「ソニー用」「フォーサーズ用」「富士フイルム用」が発売中ですが、肝心のニコン・キヤノン用は…??
ご心配なく。先日弊社に試作機が届きまして、最終調整を行っているところですので、もう少しでお手元にお届けできそうな感じです。

そんなi60Aのニコン用・キヤノン用をいち早く、今日はちょっとだけご紹介します。

Img_0308 おなじみの箱です。ラベルがニコン用・キヤノン用ですね。

ではキヤノン用を開けて、カメラに装着してみましょう!

Img_0286_3 i60AをCanon EOS-1DXに装着してみました。

i40だと大柄な一眼レフボディに装着した際、ちょっとかわいすぎる感じがありましたが、i60Aだとコンパクトながらバランスよくまとまりますね。

Img_0299_3 サイドビューです。

ズーム照射角が200mmまである関係でヘッドが長いため、背が低いボディでもレンズフードによるケラレは意外に発生しにくいようです。
(本機のヘッドにロック機構はありません)

Img_0293_3 前面部のアップです。

i40と同様のLEDライト・AF補助光の橙LEDの他に、外部電源端子がつきます。
ニコン・キヤノンそれぞれ純正ストロボと同じ形状のコネクタですので、弊社パワーパックシリーズのほか、各社純正のストロボ用外部電源もお使いいただけます。

Img_0305_3 操作パネルもシンプルかつ見やすく仕上がっています。


今回は写真で少しご紹介しただけですが、近日中に正式発表できるかと思いますので、もう少しだけ…どうかお待ちくださいませ!!

(S)

2016年10月 5日 (水)

弊社ホームページやブログの記事の転載はご遠慮ください。

弊社ホームページ(http://www.nissin-japan.com)やブログ(http://blog.nissinjapan.com/)のウェブページや記事の著作権はニッシンジャパン株式会社に帰属します。

記事や写真の転載は固くお断りします。

ニッシンジャパン株式会社
2016/10/5

2016年2月 5日 (金)

100万発以上を耐えたマシンガンストロボ

さかのぼること、2013年9月の記事。

30万発以上を耐えたマシンガンストロボ

同じ方からふたたびやってきた修理依頼。内容は「ヘッドのロックにガタが多くなってきたので調整して欲しい」というものでした。
シリアルナンバーを確認すると本当に初期のロットの製品。発光に関しての依頼ではない…ということは発光動作は正常?
購入から約3年、ほぼ毎日1,000ショットくらい・年40万ショットのペースで仕事で使われているそうで、年数と使い方を考えれば軽く100万ショットを超えているはず…!

Dsc_1342 印刷が消えるほど使い込まれてますね…。

Dsc_1340 キズも多いです。

Dsc_1350 フロントの印刷は完全に消えてます。いや消したのかもしれませんが、それにしても使い込まれている感がしっかり。
写真ですと案外きれいに写っているのですが、現物を見るとどれだけ使われていたか分かります。

そして肝心のヘッド部分は…!

Dsc_1350すごくきれいです…。


ここからは完全に興味本位ですが、弊社デモ機のMG8000のうち比較的使用年数の少ない個体と、発色や明るさがどう変わっているか比較してみました。

Dsc_1356 MG8000(弊社デモ機) D7100・プログラムAE・発光量1/8(マニュアル)・WB:プリセット

Dsc_1357 MG8000(修理ご依頼品) D7100・プログラムAE・発光量1/8(マニュアル)・WB:プリセット


最初に弊社デモ機で、グレーカード(銀一製)を使いWBプリセットで合わせたのち、三脚に固定してストロボだけ交換して撮影しました。

下の写真はさすがに色温度が若干落ちてきており、発光量も僅かながら落ちております…が、まだまだ実用範囲!これで約100万ショット発光してるんです。修理担当からも「そもそもこれだけ発光管が持つとは、普通じゃ考えられないよね…」と。
確かに、最上位機種のシャッターユニットの3倍も耐久性のあるストロボなんて、スタッフも驚きです。


そんなMG8000ですが、残念ながら生産完了してしまっているのは記憶に新しいところ。
しかし!今日発表の「PAV2016関西(3/21開催)」ではアウトレット品の販売も予定しておりますので、これが本当に最後のチャンスになりそうですから、ぜひとも皆様のご来場をお待ちしております!

【PAV(フォトアクセサリービレッジ) 特設ページ】
http://www.pav-jp.com/

(S)

フォトアルバム

アクセスランキング

ブログ内検索

他のアカウント

Twitter