セミナー / ワークショップ Feed

2016年7月28日 (木)

ストリートスポーツ撮影入門 ライティング体験会レポート

こんにちは。

本日は先日7月23日にTRINITY B3 PARKにて行われた。

ストリートスポーツ撮影入門 ライティング体験会でのレポートを致します。


今回の講師はDB Noriさん

DB Noriさんも元インラインスケートプレイヤーで

今はカメラマンとして活動されております。


実際のワークショップの内容と流れですが、

・ストロボをつけないまま、実際に動いているライダーさんの撮影の練習

・撮影場所をいくつかに分けてストロボをカメラの上につけてるグループと

Air1+Di700Aを使ってオフカメラでのライティングで撮影するグループ3ポイントにわかれ撮影

・DB Noriさんの実演、という流れでした


まず最初にストロボを使わず動いているライダーさんの撮影練習。

参加者のみなさんに連射を使わず撮影する為の置きピンや流し撮りのコツなどを説明。

_60a3479

_q0c0105_2

続いてオフカメラでの撮影ポイント3つとオンカメラでの撮影ポイントで

参加者の方がローテンションで撮影していきます。

オフカメラライティングのセッティングをしながら撮る位置やカメラの設定など確認していきます。

_60a3484_1

_q0c0150

こちらがオンカメラの撮影風景

_60a3488

_q0c0143_2(↑右側です)

このあとインラインスケートプレイヤーの中山慎太郎さんが

寝そべってる人たちの上を飛び越すパフォーマンスを披露しました

まず飛ぶ位置にプレイヤーに手をおいてもらい、

そこにピントを合わせてもらいました。

_60a3501

それから参加者の上を飛びます

_60a3502_3

別の角度で

_q0c0196

実際に目の前でみるとかなりの高さで飛んだので圧巻でした。

滅多に無い経験だったのではないかと思います

こういった写真こそストリートスポーツならではですね。

その後はDB Noriさんの実演です

_q0c0206

その後に使用機材や撮影の方法などを解説

_q0c0203_3

そして実演での写真がこちら

13840506_661318707358138_765137884_

メイン光 Di700A  出力1/16 

サブ Di700A 出力1/16

焦点距離35mm

ストロボのズーム設定 35mm

f/5

ss: 1/30

ISO: 400

※撮影のコツ: レンズの中心軸に合わせて回します。回す量はシャッター速度と定常光の量により都度変化します(講師より)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のワークショップの雰囲気伝わったでしょうか?

ニッシンジャパンとしては基本的に動いてる被写体の撮影のワークショップが

今までほぼなかったのでスタッフからしてもだいぶ新鮮なワークショップになり、

またやって頂きたいとのご意見を多く頂戴致しまして

今後こういったワークショップを増やしていければ良いなと思っております!

最後に今回のプレイヤーさんのご紹介をさせて頂きます。

インラインスケートプレイヤー 中山慎太郎さん

スケートボーダー 漢那真哉さん

キッズスケートボーダー 齋藤丈太郎さん

2016年2月 5日 (金)

100万発以上を耐えたマシンガンストロボ

さかのぼること、2013年9月の記事。

30万発以上を耐えたマシンガンストロボ

同じ方からふたたびやってきた修理依頼。内容は「ヘッドのロックにガタが多くなってきたので調整して欲しい」というものでした。
シリアルナンバーを確認すると本当に初期のロットの製品。発光に関しての依頼ではない…ということは発光動作は正常?
購入から約3年、ほぼ毎日1,000ショットくらい・年40万ショットのペースで仕事で使われているそうで、年数と使い方を考えれば軽く100万ショットを超えているはず…!

Dsc_1342 印刷が消えるほど使い込まれてますね…。

Dsc_1340 キズも多いです。

Dsc_1350 フロントの印刷は完全に消えてます。いや消したのかもしれませんが、それにしても使い込まれている感がしっかり。
写真ですと案外きれいに写っているのですが、現物を見るとどれだけ使われていたか分かります。

そして肝心のヘッド部分は…!

Dsc_1350すごくきれいです…。


ここからは完全に興味本位ですが、弊社デモ機のMG8000のうち比較的使用年数の少ない個体と、発色や明るさがどう変わっているか比較してみました。

Dsc_1356 MG8000(弊社デモ機) D7100・プログラムAE・発光量1/8(マニュアル)・WB:プリセット

Dsc_1357 MG8000(修理ご依頼品) D7100・プログラムAE・発光量1/8(マニュアル)・WB:プリセット


最初に弊社デモ機で、グレーカード(銀一製)を使いWBプリセットで合わせたのち、三脚に固定してストロボだけ交換して撮影しました。

下の写真はさすがに色温度が若干落ちてきており、発光量も僅かながら落ちております…が、まだまだ実用範囲!これで約100万ショット発光してるんです。修理担当からも「そもそもこれだけ発光管が持つとは、普通じゃ考えられないよね…」と。
確かに、最上位機種のシャッターユニットの3倍も耐久性のあるストロボなんて、スタッフも驚きです。


そんなMG8000ですが、残念ながら生産完了してしまっているのは記憶に新しいところ。
しかし!今日発表の「PAV2016関西(3/21開催)」ではアウトレット品の販売も予定しておりますので、これが本当に最後のチャンスになりそうですから、ぜひとも皆様のご来場をお待ちしております!

【PAV(フォトアクセサリービレッジ) 特設ページ】
http://www.pav-jp.com/

(S)

2015年11月24日 (火)

【セミナーレポート】初級/中級 ドールライティング教室 @三岸アトリエ 10/10(土)

2015年10月10日(土)三岸アトリエにて「【初級/中級】ドールライティング教室」を開催しました。実習・講評ありのドール向けのワークショップは今回が初開催です。
 

8ai_2399_2 

会場は歴史あるモダニズム木造建築の三岸アトリエ。
日差しの差し込む室内や、可愛らしい雰囲気の中庭など、様々なシチュエーションでライティング撮影を実践しました。
  

S8015 

講師はドール撮影経験も豊富なえはらあい先生。機材はDi700A/Air1を使用しました。

午前中の初級講座では、1灯オフカメラライティング撮影を行いました。自然光の影響がある場所での露出の決め方、ストロボと自然光とのバランスや、アクセサリー等を使った際のライティング効果の違いについて学びました。
 

_8ai2069_2撮影:えはらあい モデル:眞子(オーナー:thieriさん)
 

_8ai2084撮影:えはらあい モデル:眞子(オーナー:thieriさん)
  

進行の都合上実習時間が少々短くなってしまいましたが(申し訳ありません…)、自然光とのミックスライティングの基礎的な考え方について、理解が深まったのではないかと思います。
  

午後の中級講座では、多灯でのライティング撮影を行いました。どのような順序でライティングを組んでいくのか、その場その場の状況に合わせて学んでいきます。ロケーションや、刻一刻と変わっていく自然光の状況をどのように生かすのかも重要です。

午前中は少し晴れ間も見えていたのですが、段々と曇っていき、午後の講座の時間には空は厚い雲に覆われてしまいました。自然光が弱く光がフラットな状況で、下の2枚の写真はストロボの光だけで自然光を感じられるようなライティングをしています。
 

_8ai2118 撮影:えはらあい モデル:眞子(オーナー:thieriさん)
  

_8ai2149 撮影:えはらあい モデル:眞子(オーナー:thieriさん)
 

太陽の代わりの存在になれるのがストロボの強みです。Di700A/Air1は電波式なので、昼間の屋外で少し離れた場所にストロボを置いても難なくライティングができました。

実習後はモニターで皆様の撮影した写真を見ながら講評を行いました。先生から自分の写真にアドバイスをもらうだけでなく、他の参加者さんの写真も見られて参考になります。
 

今回の受講生の方々はとてもレベルが高く、お上手な方ばかりでスタッフも驚きました!ドール界の写真への熱をひしひしと感じました。
今後もドール向けワークショップを不定期開催していく予定です。是非ご参加ください!

 
 

■受講生の方の作品

Photo_2撮影:まりっぺさん
  

Astute_b2 撮影:Astuteさん
 

Miux撮影:miuxさん
 

Img_1991w 撮影:mareko_mさん
 

Pa108593_b 撮影:thieriさん
 

Dsc00040_b2 撮影:divine_busterさん

  

ニッシンジャパンはドール撮影に特化したTwitterアカウントを運営しています。ドール撮影に関する情報やイベントのお知らせ等を発信しております。是非フォローしてください♪

ドールライティングby Nissin (@dollylightling)


2015年9月15日 (火)

【イベントレポート】ドールショウ44秋 浜松町FINAL

9月6日(日)ニッシンジャパンは「ドールショウ44秋 浜松町FINAL」にブース出展しました。
ドールイベントへの出展はこれで5度目です。今回もブース内撮影セットにて皆様にドール向けライティング撮影をご体験いただきました。
  

12007055_911195915614513_1041875180  

ブースの机上にドールサイズの撮影セットを作り、コマンダーAir1 / Di700Aを使用したワイヤレスでのライティング撮影をしていただきました。

今回は、前回のイベントレポート(I・Doll アイドール Vol.43)の時とは異なるライティングセットになっています。

メインライト1灯、背景用ライト1灯、アクセントライト1灯です。
背景用のライトにカラーフィルター(ROGUEユニバーサルフィルターキット)を付けることで、様々な色の背景を簡易的に楽しめる形にしました。

こちらのライティングセットを基本とし、お客様のご要望によっては上部の背景用ライトの向きを変えトップライトとして使用したり、斜め後ろのライトを手前に持って来てメインの補助光として使用したり…等々、様々なライティングをお試しいただきました。

 

そして、毎回恒例の参加者さまの撮影したデータをA4サイズにプリントしお持ち帰りいただく、無料プリントサービスも実施いたしました。
参加者の皆様、とても可愛らしいMy ドールちゃんを連れて撮影をしてくださいました。
 

11997445_911195922281179_137943640_

CP+2015ニッシンブースで登場したDi700Aちゃんと某ゆるキャラの夢のコラボ…!?
ポージングや配置までしっかりキマっています!
  

撮影体験スペース横の製品展示コーナーでは、Di700A/Air1i40等の展示を行いました。
そして今回は参考出品として、Air1で使用できる電波式レシーバー「AirR」も展示しました。
  

Col2hkzu8aezdco

Com1micuwaa1bqj 

レシーバーAirRにi40を取付けても、Di700Aより背が低いです!
多くの方に「出たら買います!」と言っていただき、期待値の高さを感じました。
AirRは現在勢威開発中です。製品仕様詳細、発売日の発表まで今しばらくお待ちくださいませ!
 

今回のブース出展も沢山のお客様にお越しいただきました。ありがとうございました。
無料プリントサービスも大変喜んでいただき、私たちも暖かい気持ちになりました。撮影してもプリントまで至らないというお客様が多かったので、写真を撮ってプリントするという作業の楽しさを伝えられていたらとても嬉しいです!

 

【お知らせ】

10月10日(土)にニッシンジャパンでは初のドール向け本格的ライティングワークショップを開催します。詳細&お申し込みは下記リンクからご覧ください。

【初級/中級】ドールライティング教室 @三岸アトリエ

 

  

<参加者さまのお写真>

P9061992

撮影:ティエリ様

Dsc_0489

撮影:ぷれじ様

Img_5627

撮影:しきぶ様

P9065283

撮影:クールT様

Dsc_9089

撮影:みつこ様

 

ニッシンジャパンはドール撮影に特化したTwitterアカウントを運営しています。ドール撮影に関する情報・イベントのお知らせ等を発信しております。

今回スペースの都合で記事にお載せできなかった参加者様のお写真をTwitterにて公開予定です。是非フォローしてください!

ドールライティングby Nissin (@dollylightling)

2015年7月17日 (金)

【セミナーレポート】オリンパス・ニッシン共同企画 OM-Dでポートレートを撮ろう!

2015年7月12日(日)ニッシンスタジオにて「【初級】オリンパス・ニッシン共同企画
OM-Dでポートレートを撮ろう!」を開催しました。講師には、厳しさの中の優しさが光る山田愼二先生をお迎えいたしました。

  

_dsc3440 

今回はオリンパス・ニッシン共同企画ということで、カメラはOM-Dを、交換レンズは3種類のものをお貸出し、受講者様にお使いいただきました。

 

_dsc3444 

まず初めはi40を使用したオンカメラライティングでの撮影です。
山田先生がオンカメラでできるライティングの方法や注意点などを、実演し解説していきます。
i40はボディの小さなOM-Dにぴったりなサイズ感で、バランスが良く扱いやすいです!
   

P7120010

_dsc3448_2 

実習の時間では、受講者様全員にi40 フォーサーズ用をお貸出し、オンカメラTTL自動調光で撮影をしていただきました。
i40はヘッドの向きを自由自在に動かせる上、単3電池4本駆動でパワーもあり、バウンス撮影もお手の物です。
 

P7120009

P7120006 

オンカメラ撮影の後はオフカメラ撮影です。Di700A/Air1のニコン用をマニュアル制御で撮影します。
フォトアクセサリーの違いによる光の変化を、テザー撮影でリアルタイムにモニターに表示していきます。セッティングとその撮影結果がすぐ見られるため、分かりやすいですね。
  

_dsc3449 

先生の解説の後は、受講者様に様々なセッティングをご体験いただきました。
実際に撮影してみると、同じセッティングでもモデルさんの向きや自分の立ち位置の違いなどライティング以外の要素でも写りが変わることが分かり、より理解が深まります。
 

P7120003 

実習の最後には、受講者様に1灯オフカメラで自由にライティングを組んで撮影していただきました!その場で先生からアドバイスしていただけるので、とても勉強になります。

今回の講座、OM-Dを使ったことがない受講者様もいらっしゃいましたが、瞳認識機能やボディの小ささによる使い勝手の良さなど、OM-Dがとてもポートレート撮影に向いていると感じてくださったかと思います。
レンズ交換やストロボの使用で撮影のバリエーションは無限に広がります。皆様是非OM-Dやストロボライティングでポートレート撮影をお楽しみください♪

フォトアルバム

アクセスランキング

ブログ内検索

他のアカウント

Twitter